倉木みお◎◎ – 図書館で声も出せず糸引くほど愛液が溢れ出す敏感娘 5 SP

図書館で声も出せず糸引くほど愛液が溢れ出す敏感娘 5 SP

図書館にて突然の過激行為で声も出せず硬直する女子校生や司書。

身体中を這いずりまわる指が執拗に乳、尻、マ○コをいじる。

このジックリネットリ責めに嫌がる意思と反してパンツの中に溢れる愛液。

さらに今回はスペシャルということで、前作まで収録5名のところを1人追加で6名に!しかも被害者全員とSEXまで行う!

「図書館で声も出せず糸引くほど愛液が溢れ出す敏感娘 5 SP」の本編動画はこちらから

意外なよさ

まだ1番目の娘しか見てないのにレビューを書いています。

愛音まひろさんだけでこの作品は価値があります。

なんとも荒唐無稽なシチュエーションだなと思いつつ、期待せずに見ていたのですが、意外なよさにいい意味で見事に期待を裏切られました。

この女優さんは名前は知っていたのですが、下品な源氏名がいやで、これまで見ようとはしませんでした。

こんなに可愛い娘だったとは。

これは大変失礼しました。

痴●ものの秀作

収録時間が長めだが、各人につき10分程度館内で普通に過ごしているシーンがある。

後の展開を期待させる場面はあまりないので冗長に感じた。

照明の明るさやモザなどの画質、下から見上げるようなアングル、女学生の雰囲気をよく出している女優などは評価できる。

開架書庫でのプレイは現実感に欠けるが、そのありえなさが良い。

こんなの見たかった♪ ★

久々に同じシーンで何度もヌいた。

たまに図書館に行きますが,これはありえないですね(多少ムリのある部分がありますが,そこは見逃します)良かったシーンは、1人目の愛音まひろちゃん。

ポニーテール姿がスッゴクかわいぃ。

痴●されてビックリする表情や感じ方がいいです。

本棚につかまり形の良い桃尻を「クネクネ」よだれを垂らし思わず潮吹き。

最後まで愛液が「だらだら」止まらなくて,まひろちゃんサイコー!3人目は普通に図書館に居そうな,メガネで真面目なむちむち娘。

立ちマンで大量の潮吹き。

最後6人目の図書館の美人職員,倉木みお!大きなお尻を包み込む白いパンティ,をパンスト越しに撫で回すシーンがとても大好きです。

その後,全裸にされ、エプロンだけで犯●れる。

何度も,おマ○コから指で愛液をすくい取るシーンは必見!あと,立ちバックが多いので,お尻が際立ってGood!

すばらしいお尻

一番のオススメはチャプ1の愛音まひろさん(パケ写真表)です。

彼氏連れで図書館へ、1人で本を探していると側で痴●がチ○○を扱きだし、そして後ろから抱き付かれた時の驚きの表情が◎。

小声で痴●を拒むも、お尻を触り捲られ、今度は正面からパンティの中に手を入れられ指マン、口元から涎を垂らしながらイかされ痙攣→バックで再び指マン→パンティを下ろされア○ル丸見え→アソコから糸引き→指でアソコを弄られてる時にお尻をクネクネと振るのが◎→再びイかされ、自らお尻を振りチ○○に擦り付ける→指マンで3回目の絶頂。

イク直前にお尻をクネクネさせるのがまた良い。

ジュポジュポ音フェラ→チ○○をアソコに擦り付けられると、ビュッという音と共にお漏らし→正面から挿入→バック→チ○○を抜かれた際、再び勢いよくお漏らし→口元へ射精後、お掃除フェラ。

パンティを奪われた後にベロチュー。

顔も可愛いですが、お尻もすごくHです。

あり得ないが、あったらと刺激的

人の多い図書館の中で、あり得ないことではあるが、シチュエーションがよく、興奮してしまった。

男の欲望の夢であろう。

カメラアングルが下から挿入部、男棒がかき回す、音が聞こえるように撮っているのがたまらなくいい。

女の子では最初の女子、きつめの彼女が抵抗しながら、次第に感じていく様子がうまく撮られている。

あと後半の二人目、雨にぬれて入ってきた子がぐちゃぐちゃに感じ、白いものを垂らしているのが興奮ものであった。

ふむ、まあいいんでないの?

タイトルどおり声を押し殺してのSEXがメインなので、バレるかバレないかのドキドキ感を楽しめる方ならば迷わず買いましょう。

逆に、かわいい女の子が淫らにあえぐようなSEXがお好みならばヌキどころはほとんど無いといってもいいでしょう。

いや、それが悪いといってるわけではなく、タイトルに偽り無くシチュエーションが一貫しているという褒め言葉の意味で。

できれば1人の女の子がある日図書館でレ●プされ、それ以来声も出せず凌●が繰り返される…なんていうふうにドラマ性をもう少し出してくれたならば星5つでした。

我慢してる感グー

我慢してる感、男にいい様にやられてる感がとてもよくできてる。

このシリーズは全体的に好印象。

これは買い

最初の女の子の絡みだけでも十分です。

強いて言えば,場面設定が難しいですが,床絡みがほしいところです。

3人目の子エッチ

パッケージの女優さん目当てで購入したのですが3人目のムッチムッチの大堀さんに悩殺されました。

私は強く抵抗する方が好きなんですが大堀さんの弱気で流される姿もまた良かったですね

なかなか良いよ

1人目の愛音まひろがポニーテール姿であり、痴●されてるときの表情や感じ方がGOOD!また付録的な、美人図書館員が全裸にされ、エプロンだけで犯●れ糸引く姿がGOODでした。

書架の間で究極の痴●プレイ

静謐な図書館の雰囲気を背景として、スリリングな痴●プレイを上手に設定している。

女優は可愛い人が出演しているし、撮影アングルも良好、フェチな要素が盛り込んであるところは、さすがといえる。

暗黙の合意があれば、どんな場所でもエッチできるのが人間なのだと、妙に感心した。

しかし、多くの陵●ものと同様、男が自己中心的に行動するため、共感できないのが難点。

やりたい放題で後は放置とか、視聴後の後味がよくない。

セクハラ・マニア向け作品。

スタッフの連携で成せる業

実際に図書館を利用しているが、ここまで大胆な真似は出来るはずがない。

と、本気で思ってしまう程の臨場感。

1作目が抜群に良い。

男を敵視する目と意識が朦朧としているような目。

挿入時の表情や声(?)などゾクゾクする。

演技でやっているのであれば、相当な演技派なのだろうか。

(導入部分での彼氏との喧嘩もさまになっていると思う)通行人(?)は、すべてスタッフなのだろう。

そして見張り役が何人も映っている。

ダメなんではなくて、用意周到に作り上げられたことが垣間見える力作だと思う。

愛音まひろ 148cm/「どうしてこんなに評判が良いのか?」

折角なので、1人目のチャプターがこれだけのヒットを産んだ理由について少し分析してみましょう。

一般に、映像作品は、ユーザが登場人物にどれだけ感情移入できるかが作品の質を決定します。

舞台は図書館とはいえ、本作の基本的なプレイは従来の電車モノ(手マン、フェラ、挿入など)とそれほど違いません。

では、従来の作品との違いは何でしょうか。

それは臨場感です。

臨場感の演出は、感情移入させるテクニックの一つです。

JKの痴●モノでは、臨場感を生むためにリアリティが重要になります。

なぜならユーザは、「どうせ出演者は18歳以上である」という前提を持って作品を見るためです。

リアリティが不十分だと、ユーザは「こんなJKが本当にいるわけない」という猜疑心が払拭されないままなので、肝心の行為に感情移入できません。

リアリティの演出には、①女優の容姿と演技力②監督の脚本力の二つが必要です。

①女優の容姿・演技力1人目の愛音まひろは実際にいてもおかしくない容姿のため、第一印象からしてリアリティがありますよね。

このカラクリは、彼女の身長にあります。

彼女は著しく身長が低い(148cm)のです。

中学3年の女子ですら平均身長が157cmですから、彼女の身長がいかに低いかおわかりでしょう。

もちろん、演技力は言わずもがなです。

②監督の脚本力通常の、電車を舞台にした痴●モノでは、リアリティの演出のために重要な、ヒロインの性格の描写が十分になされません。

ヒロインの行動に制限が多いためです。

一方で、本作は舞台を図書館に設定することで、電車よりは自由なことができます。

その上で、監督は感情移入をさせるための工夫を行っています。

たとえば、冒頭の、ヒロインが彼氏と喧嘩するシーン。

ここでは、ヒロインの闊達な性格を描くだけでなく、主人公の嫉妬心に視聴者の共感を求めています。

実はこれにはもう一つ工夫があります。

露出の多い女性を登場させることで、ユーザは男子学生と一緒に、この女性を目で追います。

この行為をヒロインが叱ることで、ユーザは一瞬、彼氏の立場になります。

そうすると、「ヒロインは女子校生である」という前提を、自然と受け入れることができるわけです。

他の評価どおり一人目が良すぎw

一人目でもう満足してしまった。

他は早送りw で、も一回一人目見てフィニッシュ!しました~

3人で良い

ほかの方々のレビューにあるように、1人目の愛音まひろちゃんが出色。

痴●され、声も出せず「っ!」となる所や、勃起チンポ見せ付けられて驚く所など、細かい演技が効いてていい。

感じ方もいいし、明らかに抵抗→受容に変わる瞬間がある。

ここにグッと来た。

2人目は、まぁ普通。

つーか、「図書館で勉強」という外見じゃないな。

3人目の大堀香奈ちゃんは、少々ムチムチ系。

この辺で少々飽きてくる。

4,5人目はパス。

最後はおまけに司書のおねーさん。

建物はモロに図書館なので、シチュエーションは完璧。

でも、どう考えても、ガチじゃない。

つーことで、バレる心配でヒヤヒヤするって事がなくて、安心して見ていられる。

そこが物足りないって人もいるだろうけど。

それにしても、図書館借り切ったのか?AVの予算でどうやって撮影したのか、仕掛けを知りたい所だ。

超名作

ナチュラルハイ作品の中でも屈指の傑作。

愛音まひろが、とにかく素晴らしい。

徐々に快楽に溺れ淫らに変貌する女学生役を見事に演じる。

純真な少女の性欲が勝り、それに負けてしまう自我を官能的に魅せてくれる。

行為の後に痙攣しながらも口淫にて精液を搾り取る虚ろな眼が印象的。

現在の媚薬に逃げてしまう演出ではなく、脚本と女優の演技で見事に上質な作品に仕上げている。

ありえないです

そこそこの子が揃っていると思いますが、やはり図書館はありえないと思います。

強いて言えば、一人目の愛音まひろちゃんの潮吹きがエロかったです。

まさに敏感娘がキマってる

?愛音まひろ?中山エリス?大堀香奈?すずきりりか?姫村ナミ?倉木みおこのシリーズを買うなら、これ以降から買うべきだって作品これ以前は見所は単なる露出性だけだったが、今作からは「敏感娘」の名に恥じないぐらいのイキっぷり御多分に洩れず、表紙の愛音まひろがGood小鹿のように足をガクブルさせて、ろくに立ってられずへたり込む目つきなんかも完全にぶっ飛んでて、バックでは自分からケツをフリフリチンポでクリを刺激されただけで、大量の潮吹きもう完全にキマってるといって言っていいでしょう軽めの「媚薬痴●」と考えるのが吉他の娘もかなり敏感で潮を吹きまくったり、プレイのハードさは申し分なし裸エプロンになったり露出モノとしても高評価

合格点

1人目(パケ写の娘)と3人目(眼鏡娘)がいいですねぇ~。

2人とも潮吹きまくり、特に1人目は勢いが凄いです。

欲を言えばもう少し声が漏れると臨場感があって良かったかな。

(周りに気付かれそうな寸前くらいが最高です)

ラメ入りニーソの着衣セックスあり

貴重なラメ入りのネイビーニーソは興奮度マックス。

図書館職員がこんな格好してたらすごい興奮する。

ミニスカなど服装は清純派で下着も白でフルバックパンツと最高。

女優は意外と年齢いっているが、スタイルもよく、色白でマン毛も程よくあってエロイ身体。

パンツを脱がさず最後までやっていたら最高評価だったが、パンズラ挿入はなかった。

大量潮吹きの愛音まひろちゃん。

1人目愛音まひろちゃん小柄でキュートです。

無理やり愛撫されて潮吹きしちゃいます。

モザイクも良好で抜き差しがバッチリ。

2人目は茶髪の美少女系です。

3人目メガネのぽっちゃり系です。

潮吹きしちゃいます。

4人目はツインテールの少女です。

スレンダーですが脱ぐとおっぱい大きいです。

5人目は雨に濡れて入ってきます。

愛撫されて下着も濡れちゃいます。

6人目は司書のお姉さん。

スタイルのいい美人です。

ポニーテールのまひろちゃんすごく可愛いです。

興奮しました!

図書館でのエッチシーンはほんとにムラムラしますねー。

かなり興奮しました!

1人目がかなりやばい

かわいいし、えろいし、まちがいなし!早送りせずに見ると、よりいっそうエロイ

悪くないけど、、

これよりか9の方が良いかな1年半に渡るこのシリーズと映像技術の発展かねでも良い作品の一つメガネの子が良いかな

ポニーテールとメガネっ娘

本作で一番良い演技とカラミを見せてくれているのは、他の方も言う様に「愛音まひろ」綺麗な顔立ちと体がホントに学生みたい。

次にグッと来たのは「大堀香奈」序盤の攻防?と大量噴射、メガネに少々だらしない体が萌えた。

他の人達もなかなかのカラミだが構成はどれもだいたい同じなのでおざなりに見てしまった。

愛音まひろ/中山エリス/すずきりりか/大堀香奈/姫村ナミ/倉木みお。

糸を引くほどの汁

1.愛音まひろ・・痴●されてるときの表情・ちんOのお尻を擦り付けてるしぐさが良い2.中山エリス・・色白の美人!ジュクジュク音をたてて感じる3.大堀香奈・・眼鏡の地味な女!巨乳でのパイズリ・潮吹きが良い4.すずきりりか・・恥ずかしい。

抵抗する表情!陥没乳首のおっぱい良い5.雨で濡れた制服で色っぽい。

別室で大胆にH6.図書館職員で美人!全裸にされ、エプロンだけつけさせられH痴●され、抵抗しきれずに、おまんOから糸を引くほどの汁を溢れ出しながら感じている女達の表情!良い図書館という独特の空間での緊張感をうまく表現している作品!

1人目(愛音まひろ)と3人目がオススメ。

図書館の中で声も出せず、無抵抗に犯●れていくという話。

リアリティがないのは仕方ないが、息遣いや衣擦れの音で案外緊迫感が伝わってくる。

パケ写の女の子(1人目)がかなりかわいい。

優等生っぽくてポニーテールが良く似合う。

胸は大きくないが、色白でお尻や太ももは程良くむちむち。

腰砕けになりながら本棚にしがみついて、小さい声で感じるのを我慢している姿が興奮する。

清楚な感じだが、感じ出すと涎を垂らし、腰の動きやぴくぴく震える姿もかなりエロい。

驚くのはその潮の吹きっぷりで、入り口を先っぽでこすられると豪快にお漏らし。

突かれながらボタボタこぼして最後に抜かれた時には一気にばしゃっと出る。

汗だくになって朦朧としている表情がいい。

3人目はいかにも図書館にいそうな地味な子。

真面目そうな真っ黒髪のメガネっ子だが、制服の上からでもわかるほどの巨乳。

一切何も言えずに無抵抗なのが逆にリアル。

たしかに良い。

レビューで評価が良さげだったので、見てみました。

なるほど確かに、ほかの方も書かれてますが、とくに1番目と3番目の子ですかね。

1番目の愛音まひろちゃん、ほかの作品も見たことありますが、この作品いちばん好きです。

まひろちゃんの感じ方というか、気持ちの入り具合が良い。

相変わらず潮吹きすごいですね。

3番目の子、図書館にいそうな、ちょっとかわいいメガネっ子って感じ。

指攻撃の反応もいいです。

2人とも声出せないシチュエーションにキャラがはまってて、見入ってしまいます。

あと、きほん制服着たままなのが、マニア的にポイント高いですね。

リアリティを追求しちゃいけないと分かっちゃいますが。

あまりにも簡単に受け入れてしまっていて、ちょっと見ていて白けたかな。

もうちょっとくらいは抵抗できない状況作りをして、リアリティを追求して欲しかった。

いきなり変態強●魔に襲われて、逃げない、抵抗しない、助けを呼ばないじゃ変でしょ。

強●魔に「シッ」って言われてその通り静かにしちゃうって変でしょ。

どうもそういうのが気になると入り込めないのです。

すみません。

タイトルどおり。内容もいい

胸で好みが分かれると思いますがかわいい子が揃っていると思います。

特に一人目の女性は潮吹きがエロイだけにもっと潮吹きの部分を見たかったなと感じました。

カメラアングルが・・・・

カメラアングルが悪くて抜けません。

マヒロちゃんへの胸へのイジリもないし、胸がほぼ見えない。

評価が高かったで購入したのに残念です。

良い!!

どの子も可愛く、糸引きスゴイですね。

4人目の子が せっかく別部屋に連れ込んだのにプレイが、物足りませんでした。

確かに

今シリーズの中でも当たりの作品。

全体的に手マンの流れが比較的激しく、SEXも出来る限り本棚の辺りでしている点も評価できる。

でも別室でSEXしている子は声を大きく出しちゃってるし、流れが一緒なので1人目と3人目以外はそれほどインパクトがなかった。

ただ1人目は特に良く、声我慢しながらもグチョグチョに濡らし、途中からは尻を振ってしまう様はかなり卑猥。

最初は抵抗→途中で求める、という流れがしっかり出来ている。

相変わらず糸を引いてますが、それを見せるシーンが長い。

30秒以上指で糸を引くシーンだけを見せられても困る。

そこそこにして、早く次の責めに行った方が良い。

倉木みお◎◎

一人目の女の子が、余所見していた彼氏を注意しているシーンがいいです。

男優に後ろから犯●れている時とのギャップがあって、見ていて興奮しました。

最後の倉木みおは、男優のフェラと潮オシッコの繰返しという残念な内容で期待以上のカラミではないです。

最初だけ図書でコソコソの設定ですが、裸にしてからはその設定が吹っ飛んでます。

「図書館で声も出せず糸引くほど愛液が溢れ出す敏感娘 5 SP」の本編動画はこちらから