【黒沢あきな】このシリーズにしては珍しく舞台が変化し – 絶対に僕から視線を外さない母さんの愛欲セックス 黒沢あきな

絶対に僕から視線を外さない母さんの愛欲セックス 黒沢あきな

お母さんはいつでも僕の味方です。

甘えん坊でダメな僕のことを優しく誰よりも愛してくれます。

時々、その愛情が行き過ぎて親子の関係を越えてとってもスケベな過ちをおかしてしまうときもあるけれどそれはお母さんと僕だけの秘密です。

そして今日も朝っぱらから父さんに怒られた僕のことを気にして、陽だまりのようにそっと抱きしめてくれたのです…。

「絶対に僕から視線を外さない母さんの愛欲セックス 黒沢あきな」の本編動画はこちらから

女優名: 黒沢あきな

このシリーズにしては珍しく舞台が変化し

主観映像だが、主人公の声は入る。

朝寝坊し、朝食の席で両親に説教される主人公。

父親がトイレに立つと、花柄のスカートとピンクのノースリーヴのセーターを着けた母親「黒沢あきな」に、パイナップルの角切りを食べさせられる。

おはようのキスをされるが、父親が戻ってきて慌てる。

弁当を忘れて出勤。

昼休み、同僚が出払ったオフィスに、白いミニスカと青いTシャツに着替えたあきなが、弁当を届けてくれる。

「お昼ご飯より、なんか興奮してきちゃって」と訴え、椅子に座らせて膝を撫で、胸を揉む。

シャツをたくし上げてブラをずらし、乳首をつまむ。

股間に触り、股布をずらして指マンし、マン汁を溢れさせる。

椅子に膝立ちさせて尻を揉み、ミニスカを下ろして臀裂を広げ、アナルを鑑賞。

陰茎を露出して尻コキさせ、股布に挟んで腰を振り、後背位ではめる。

デスクの上に仰向けに寝て、即尺される。

ショーツを脱いだあきなに、騎乗位で跨られる。

シャツを脱いで乳を揉むあきなを、突き上げる。

ブラをとってデスクに寝たあきなに、正常位で抽送。

「お母さんの中に出して」とねだられ、膣内射精。

「もう疲れちゃった」と甘えれば、「一緒に早退しましょう」と誘われる。

帰りの電車で、座席に座るあきなの前に立つ。

手コキをせがみ、胸を揉む。

駅に着くと、男性トイレに連れ込まれる。

ズボンを下ろされて仁王立ちフェラされ、口内射精。

会社を早退したことを、自宅の和室で両親に咎められる。

両親は席を立つが、白いキャミソール・ドレスを着たあきなだけが戻って、慰める。

座卓に腰かけて、胸を揉んでみせる。

ドレスをはだけて乳房を露出し、股間に指を這わせる。

ショーツを下ろしてマンズリ。

ドレスを脱いだあきなに、手コキ、フェラされ、口内射精。

水色のスリップを着てベッドで眠るあきなに夜●いし、不眠を訴える。

「眠れるように、キスしてもらっていい?」とねだり、べろキス。

胸を揉み、スリップをはだけて生乳をしだき、股間を弄る。

ショーツを脱いだあきなを指マンし、尻コキ。

スリップを脱いだあきなに陰茎や睾丸をしゃぶられ、乳首コキ。

「ボクちゃんのおちんちん、欲しくなっちゃったなぁ」と対面騎乗位で跨られ、花時計で背面騎乗位にさせ、後背位で突きまくる。

正常位で「ああ、母さん、ああ、ああ、ああイキそうだよっ」「ボクちゃん」「ああっ、あっ」と中出しし、お掃除フェラ。

「これで眠れそう?」と舌を絡められる。

「絶対に僕から視線を外さない母さんの愛欲セックス 黒沢あきな」の本編動画はこちらから