【香椎杏子】徹底したオ○ンコ攻め – コスプレ女刑事 快楽拷問 3

コスプレ女刑事 快楽拷問 3

混沌とした現代社会の闇に蠢く、快楽の狂気にとりつかれた者たちの暴走はとどまる事を知らない。

そんな奴らを殲滅すべく一人、捜査をしていた女刑事「杏子」。

女性への性犯罪に対して憤りを持っており、正義感が強く、気持ちが強い容姿端麗な捜査官だ。

杏子が今回、検挙すべく捜査をしているターゲットは鍋倉といい、お金持ちのボンボンで撮影会と称してモデルに卑猥な行為をする首謀者だ。

「コスプレ女刑事 快楽拷問 3」の本編動画はこちらから

女優名: 香椎杏子

設定と最後のSEXはオマケ程度と考えれば良い

香椎杏子は美人だが個性的な顔立ちなので、人によって好き嫌いがはっきりしそう。

キモオタ三人組が出てきて良い感じで始まるが、陵●が始まってみると責めるのはその内の一人だけ。

そしてカメラマンという設定で明らかに他の3人とは毛色の違う人種が登場。

途中からはカメラマンだったはずの彼が責めの中心。

設定意味ないじゃん・・。

ラストのSEXにいたっては、カメラマンの彼のみ挿入ありで主犯のキモデブ一人がその周りをウロチョロしているだけ。

ドリル責めまでのハードな陵●を見た後にコレを見せられても・・せめて4Pくらいしないと。

陥落物は最初は憎悪をいだいている相手なのに、最後は自分から求めてしまうくらい堕ちてしまうギャップが大事。

よって主犯のキモオタがSEXしなきゃ意味がない。

ベイビーは責めのハードさは随一だが、そこらへんをもう少し考えないと予算のある他メーカーに出し抜かれる可能性あり。

快楽責めパートだけならベイビー屈指の出来

序盤、犯人役のオタク男絡みのドラマパートが有り、この男が責めにも結構絡んでうざい事言うのかな…と思ってたら、責めは別の男性が、結構寡黙に、しかし、徹底的に(いろんな道具を女刑事の身体で試して嬲るように)行われる感じで非常に興奮できました。

個人的には、責めの素晴らしさは、ベイビーの最高作だと思ってる「女体拷問研究所4」に匹敵するものがあり、イカせる事に特化した徹底した責めも最高、最初は「こんなの気持ち良くない」って強がってた女刑事が、目を見開いて、身体をのけぞらせ、激しく叫ぶようにイキまくるまで堕ちる姿も最高と、快楽責めシーン至上主義派の自分には大満足の作品でした。

素人っぽい感じ方が良いです。

このシリーズ3作とも好きです。

けっこうみんなマジで感じてるみたいで、最後のSEXが気持ち良さそうですもん。

オタクのお兄ちゃん、ちょっとオタク度が低下しているみたいですね。

最後のSEXの時、オタクのお兄ちゃんが自分のんばっかりバンバンしないで、お姉ちゃんのあちこちを刺激してイッてもらうお手伝いをしてはと思うのですが…。

徹底したオ○ンコ攻め

スタイル抜群の香椎杏子を緊縛拘束して,徹底したオ○ンコ攻め。

数種類のコスプレの中で,黒のボンテージを着てのシーンが,オイルボディー,映像とも良かった。

最後は,電動ドリル攻めに絶叫とともにイキまくりますが,こんな香椎杏子の表情を見たのは初めてです。

恐るべし,ベイビーの攻め軍団。

「コスプレ女刑事 快楽拷問 3」の本編動画はこちらから