【葛城紫音】・・・ – 爆乳チャン○ロード 弐代目はHカップ95cm 紫音

爆乳チャン○ロード 弐代目はHカップ95cm 紫音

いじめられっコで中○生の時は「人間便器」とあだ名され、男子たちの性のはけ口だった紫音。

いつものようにチンピラにからまれているときに出会った関東最大の暴走族・巣毛娘魔死(スケコマシ)の総長マサト。

彼との出会いがすべてを変えた…。

地味でさえない女が暴走族という巨大組織の中でのしあがっていく珠玉の成りあがりストーリー。

「爆乳チャン○ロード 弐代目はHカップ95cm 紫音」の本編動画はこちらから

女優名: 葛城紫音

最高の乳

いまだかつてないほどの爆乳の持ち主!ストーリーもかなり充実しており、何回でも・・・!!色っぽい顔立ちでのこのスタイルは日本人では、そういませんね。

いいおっぱい

花木あのん さんかな?綺麗なロケットおっぱい。

敏感な乳首。

女優は最高です。

企画は笑ってしまうほどチープですが、なんか一生懸命にやってる感じがでていて良いです。

個人的にはきにいりました。

もっと花木あのんの作品をみたくなった。

名前変える必要あるのかな?

絡んでのし上がるイイ女

シリーズ2作目は葛城紫音が登場。

全6編で絡みは2回。

冒頭、ツインテールで冴えないメガネっ娘が不良に拉致られ、汚されますが、中途半端な演出。

このシーンで明確に絡みを撮っておけば、ドラマとしてもAVとしても深い作品になったのですが…粋が良く、威勢の良い姐御に変貌したものの、総長に会う途中で下っ端共に2人掛かりで輪●されます。

それでも根性で旗持ち、副総長、次々とフェラ抜きし、最後は総長との熱い勝負(絡み)で締めます。

この最後の絡みですが、ドラマとしてはクライマックスなのに、画面が暗く頂けません。

葛城紫音は顔が美形でスタイルも抜群。

また芝居も上手く、絡みも妖艶。

なかなかの逸材です。

ただし、彼女のまつ毛が七色なのは、凄みを出すと言うよりは笑いを誘っているようです。

・・・

飛ばし見をした自分が悪いのですが、ストーリーが全然よくわからなかったです。

のでよかったところを。

冒頭のめがね&巨乳の格好でやってくれればそれだけで一本作れたと思います。

演技がすごく演技らしいので、コスプレ物と割り切ってみればいいのかな。

紫の特攻服と7色まつげがいっそうコスプレ感を引き立てます。

体つきは文句なしです。

「爆乳チャン○ロード 弐代目はHカップ95cm 紫音」の本編動画はこちらから