【紗々原ゆり, 今井まい】先輩役の演技がダメ – アブノーマルディスティニー ~首絞め女子の儚い運命~

アブノーマルディスティニー ~首絞め女子の儚い運命~

先輩に恋する後輩が想いを込めて首を絞めまくる…美しき女学生が首を絞めて失神と快楽繰り返して何とも言えない数奇な運命をたどる。

部活の帰りに突然後輩のまいが先輩ゆりに告白。

まいはずっとゆりの事が好きだった。

しかしゆりは困惑し拒絶、しつこく迫るまいにゆりは怒りだす。

まいも逆上しゆりの首を絞めて気を失わせてしまう。

慌てるまい、目を覚ましたゆりは恍惚の表情、ゆりは首を絞めて快感を感じてしまう変態になってしまった。

ゆりはまいに首絞めを要求、まいは愛する先輩のため首を絞めまくる。

さらに覚醒したゆりはまいの首も絞めて快楽世界に誘う…。

首を絞めて失神し紡がれる2人の女子校生の愛と友情と悲劇。

「アブノーマルディスティニー ~首絞め女子の儚い運命~」の本編動画はこちらから

女優名: 紗々原ゆり, 今井まい

先輩役の演技がダメ

設定やシチュエーションは良いです。

が、絞められる先輩役の演技がイマイチ。

セリフも声が小さくてよく聞こえない。

後輩役の方は割と頑張って熱演しているのにもったいない。

あと「気持ち良い気持ち良い」言い過ぎ。

しかも一回目からいきなり「絞められるの気持ち良い、もっと絞めて」みたいな展開になるのも不自然だし面白くない。

やっぱり第一義的には苦しさがあって、官能はそのもっと奥にあるものなのではないでしょうか。

最初のうちは嫌がって苦しんで抵抗してほしかった。

「アブノーマルディスティニー ~首絞め女子の儚い運命~」の本編動画はこちらから