【真田春香】満足 – 触獣丸呑みアクメ 真田春香

触獣丸呑みアクメ 真田春香

真夜中のオフィスに現れる、謎のアクメ生命体。

大きな口から唾液を垂れ流し、大きな舌で女体に絡みつく。

捕らわれたら最期、逃げ道を無くした女は、乳房を弄ばれ、膣内を犯され、やがて呑み込まれていく。

強制イラマチオに膣内射精、大量の精子を浴びせかけられたオンナは、やがて快楽の虜になる。

「あぁあぁ…オマンコが…」「やめてぇ…呑み込まないでぇ…」戦慄の快楽映像が、今ここに始まる。

「触獣丸呑みアクメ 真田春香」の本編動画はこちらから

女優名: 真田春香

シリーズ中最高

触手アクメシリーズとくらべても最高の出来と思います。

口を無理やり開けるところやストッキングを破るところなどリアルさは比べ物になりません。

ストーリーは全くないですが、無理のある話をダラダラ見せられるよりむしろ集中できるかも。

ヌルヌル感も女優さんの演技も素晴らしいです。

このジャンルが好きなら必見、お勧めです。

微妙です

触手系は初めてですが、正直見せ場的なものがなかったような印象を受けました。

また、触手との攻防もダラダラとしていてあまりそそられませんでした。

ただ、触手のリアルさはあって良いと思います。

製作者、女優さんの頑張りが伝わります

触手の出来が非常に良く、CGで何でもやっちゃう昨今このような演出でここまで見せるのは凄いと思います。

人間では実現出来ない量の体液を放出するなど、作り物だからこそ実現出来る画が良く撮れています。

女優も実質全編オナニーなのに、迫真の演技で魅せてくれますが、本気で悶えてイきまくるのが見たい人にはお勧めしません、プレイ内容自体は非常にソフトです。

責めてる触手が少なすぎるという意見には賛成です。

1回発射するまでが普通の男優並に長いです。

もっと体液を浴びせられては次のやつに犯される、とかだと文句なしで5を付けてたと思います。

それでも前身ベトベトになってるので、ローションプレイが好きな人なら確実に気に入ると思います。

この女優さんいい

この女優さんだからこそ、よりここまで抜ける作品になったのでは。

シチュエーション的に、この女優さん、実際こんな風に自分が犯されたい願望があるんじゃないかというのが伝わってくる。

妄想の中でこんな責められ方されたいと思いながらオナニーしてそうと思わせる。

同じシーンが長めとのレビューもあるが、さまざまな責められ方をしており、各シーンで抜けた。

ぜんぜん退屈しなかった。

後半は、抵抗せずに自ら触手を秘部に導いたり、完全オナニー状態。

これはサンプルでは伝わってないのが惜しい。

値段もなんでこんな安いの?と感じさせる。

ご馳走様でした。

触手系では、かなりの良作

この作品の他にも何本か見たことがありますが、触手の動きが一番自然です。

「笑いながらしか見れない」というような触手系AVしか見たことが無い人は、見ても損は無いかもしれません。

大変良くできました

他の方のレビューを読んで、購入しました。

なるほど、これはよく出来ています。

なんだっけな、同人誌でよくあるシチュエーションなんですが、普通の映画のように莫大な予算があるわけない中で、ここまで再現できたら合格なんじゃないでしょうか。

感心することしきりでしたが、それほど興奮はしなかったです。

でも、一見の価値有り。

女優さんがいい!

女優さんがかわいくてぬめぬめになるのはいいけど犯す触手が1本なのがいまいち。

数本で口とあそこを同時に犯してればもっと良かったです。

動きが少なくなった時に数回逃げようとする所はレイプの感じがでててよかったです!

よかった

撮影の技術はすごいですね。

お値段の割にはお手頃では。

もつと全身を絞めつけるシーンがあってほしかったような。

同じようなシーンの繰り返しも気にはなりました。

でも全体的によかったです。

すごい

この手の作品をなめてました。

かなりすごかったです。

ヌルヌル感に触手の数、必死で逃げ、結局虜になって自分から動きだし、そして…という基本の流れを抑えてる。

膣内射精後、抜く時にぴゅってでてきた時は「おぉ」ってなりましたw下手にセリフをいれず、文字で示したのも良いですね。

萎えることなく見れます。

欲を言えば、同じ様なシーンが長いことが難点かな?

満足

女優さんの演技や触手の動きがしっかりとしていて、満足のいく内容です。

しかし、バリエーションが多いとは言えず、似たようなシーンがダラダラ続くといった印象も受けます。

触手ものが嫌いじゃない人には十分に楽しめる作品だと思います。

「触獣丸呑みアクメ 真田春香」の本編動画はこちらから