【白川千織】よく考えられた演出だが、ところどころ甘い – 私、夫のいない自宅で犯●れています。 白川千織

私、夫のいない自宅で犯●れています。 白川千織

念願の「マイホーム購入」―。

私達夫婦にとても親切にして下さった不動産屋・黒松さんの口利きもあり、私達はようやく愛の巣を手にする事ができました。

しかし、悲劇はそこから始まったのです。

夫がいない新居にやって来た黒松さんが、私の下着をいやらしい目で見ていたのです。

夫がいない不安…夫には絶対言えない恐怖。

私は一人震えていました。

そして次の日、夫がいない昼下がりに自宅のインターホンが鳴り、外に出ると…。

「私、夫のいない自宅で犯●れています。 白川千織」の本編動画はこちらから

女優名: 白川千織

私、夫のいない自宅で犯●れています

この男優、杉山って人久々に見たなあ。

表でほとんど見ないよね他に浅野がいるけどこれと絡まず全編この人と絡む女優さんはちょい老けぎみだが許容範囲かな犯しは嫌いだけど最後はベッドだったしS的な絡みも合ってたからまあ4かなこの業界も中野、羽田、浅野あたりを熟女と絡ましてもいいがもっと若い女優さんと絡ませろよそれなりのキャリアだけ長い「ベテラン」男優がおるじゃない今回のこの人はいきなり何故引っ張ってきたのかほんと男優起用に?がつくわ

よく考えられた演出だが、ところどころ甘い

不動産屋にレ●プされそうになったところに宅急便。

さらには夫も帰宅するがどちらにも助けを求めない人妻。

このときの下着は地味な白の綿パン。

夫が水道修理に不動産屋を呼ぶ。

妻しかいない家に鳴る呼び鈴。

ドアの向こうには自分をレ●プしようとした男。

意を決したように鍵を開ける人妻。

襲われて口では嫌がるが、体は決して拒もうとせず、下着も派手なものに変わっている。

再度来訪する不動産屋。

家の鍵は開いており、白々しく抵抗する人妻を脱がすとヒモタイプのエロ下着。

あとは一直線に堕ちていくのみ。

人妻の精神的な堕ちを描写する演出が細かく考えられており高評価だが甘さも目立つ。

ファーストレ●プで男がいきなり全裸になっちゃうのは最低。

警戒する必要がないことが前提な、緊張感のない典型的AVレ●プ。

せめて玄関の鍵をかけさせるとかしないと。

せっかく下着で変化をつけたのに最後のカラミの下着はエロさが微妙。

男を喜ばせるための分かりやすく娼婦のような下着にすべきだった。

あとは個人的には最後まで女のマゾ感が強いレ●プ風で通してほしかった。

普通に愛人和姦関係になるのではなく、強引に犯しに来る男を心待ちにする人妻という背徳感にこだわってほしかったかな。

「私、夫のいない自宅で犯●れています。 白川千織」の本編動画はこちらから