【生田沙織, 桃果サキ, 篠原ケイ】縛りマニアにはお勧め – 女優志願の残酷物語 生田沙織

女優志願の残酷物語 生田沙織

飼いならされた牝犬のように、次々と男優のイチモツを咥えさせられる沙織…涙の数だけ淫欲に濡れる。

「私の仕事は撮影現場にて、勃ち待ちの男優のイチモツを咥え、しゃぶり、舐め上げ、固く勃起させビンビンにそそり立たせること。

でも、私の仕事はここまでです、寂しいけれど…。

でも、いつかは私も女優になりたい。

もう三十路だけれども頑張るの…。

「女優志願の残酷物語 生田沙織」の本編動画はこちらから

女優名: 生田沙織, 桃果サキ, 篠原ケイ

リアル風。

撮影現場を生々しく見せるというのが新鮮でよかった。

このままドキュメント風にしとけば面白かったのに。

意欲的

どうやらAV女優の吹替え?というか男優を起たせるのが仕事という女性の話らしい。

魁監督作品ということで迷わず購入したけど、得意の縛りなのかストーリーを見せたいのかがやや散漫。

フツーにドラマものでやればフツーに面白いのに。

どこかシネマジック風な匂いが。

なんじゃいな

沙織さんがAVのダミー女を演じるという悲しいお話しなのかな。

4つの景で話しが続きます。

1景のおばさんはさておき,2景以降は桃果サキさんが出演しています。

この娘の代わりですからかなり無理だろうと思いつつ,映像を見ていると「へー」とどうでもいい感心をするのです。

されど,沙織さんの体型はちょっとお疲れのようで,サキさんとの比較が悲しいな。

2景以降に縛りも出てくるけど基本は撮影風景です。

あとは沙織さんのオナニーシーンが出てくるだけで,ラストの頑張りも何とも盛り上がりに欠ける作品のような感じがします。

アダルトビデオ的アダルトビデオ

面白い作品だが、抜ける作品ではない。

成人映画として上映したら、キネ旬のベスト30くらいにも入賞できるかも。

桃果サキの浣腸シーンはアテレコとは思えないくらい自然。

【詳細はSM探偵団新作情報581をご覧ください】

黒パンストとセーラー服

作品全体を通して抜けるとは言い難いが、生田沙織ファンとしては、沙織さんの黒パンストやセーラー服、そして縄掛けされたヌードなど、うれしいシーンが点在しており、決して侮れないものがありました。

縛りマニアにはお勧め

このメーカーのこのレーベルは縛りマニアにはお勧めである。

他の縛り作品が低調なためか、このレーベルの最新作がなかなか借りられないのが不満。

「女優志願の残酷物語 生田沙織」の本編動画はこちらから