【生田沙織】普通のベイビー作品 – 女体拷問研究所 セカンド VOL.11

女体拷問研究所 セカンド VOL.11

永劫に残る残像のように、女体に快楽の刻印を記す時、女は雌となる。

追い詰められた女捜査官は連続寸止め地獄の果てに、かつてない快楽を知る…。

連続絶頂、肉体制圧完了!!果たして心は…!?

「女体拷問研究所 セカンド VOL.11」の本編動画はこちらから

女優名: 生田沙織

ベイビー作品としては良作

ベイビーの作品としては良作であった。

内容自体はいつもどおりのワンパターン「女体拷問研究所」そのものであったが、ちょっとした違いで評価は分かれてしまう。

主演の生田沙織はいわゆる熟女女優であるが、クールビューティーが生命線とも言える捜査官役はハマり役であり、さらには元レディース総長という設定が相乗効果として一層凌●のターゲットを魅力的なキャラクターとしていた。

また、個人的に重要視しているのが着衣を脱がしていくプロセスであるが、本作品では、同メーカーがいつも安易にやっている脱がす前の下着股間ブリッジ横ずらし挿入や浣腸プレイが先走っていないことが実は高評価であった。

ただ残念だった点は、脱がす前のローションプレイで陰毛が透けてしまっていたことと、マニアック過ぎる剃毛プレイであった。

久々に沙織さんを堪能できる新作

生田沙織ファンとしては、最近は単体で良い作品があまりなかったので嬉しい限り。

内容的にはシリーズで、基本的にはどれも同じようなものかもしれないが、好きな女優が出ていれば文句はない。

特別スタイルが良いというわけではないが、ローションでテカテカと光る裸身は最高にそそられました。

沙織さんの陰毛は、濃いというほどではないけど、股間の広い範囲に生えているので、それをすっかり剃られてしまうところなども興味津々観てしまいました。

高飛車な女捜査官が、快楽地獄でイカされまくり!

〈生田沙織さん〉強気な性格、キツめな顔立ち、低めの迫力がある声が良い!スーツ姿の女捜査官役がとても似合ってます。

快楽責めに必死に抵抗するなど、頑張りも評価できます。

〈内 容〉女捜査官が快楽拷問され、イカされまくるストーリー。

最初は気丈に振る舞います。

電マ責めに喘ぎ声を出し始めても、『やめろ!絶対に感じたりしない!』と必死に抵抗を続けます。

しかし後半は、何度も何度もイカされまくり!前半必死に我慢したせいか、後半のイキッぷりは凄まじいです!〈見どころ〉○最初の高飛車な態度と、後半のイカされまくりのギャップがたまりません!○中盤、イク寸前の寸止めが繰り返され、大興奮!○アナルも犯●れまくりです!○ローションでテカテカになったボディ、黒々とした陰毛を剃られパイパンにされる姿もエロかった。

まあ、いつもの

極ありふれたベイビー普通の作品でした。

辻丸氏が少し煽ったりしてましたが、それ以外は普通。

煽りも他の作品とそんなに変わらないレベルです。

このシリーズもそろそろネタ切れ

生田沙織演じる元レディース総長女捜査官が、妹分の黒木麻衣捜索するも女研に拉致られ性的陵●快楽拷問責めされ性奴●に成り下がるといった作品内容。

責め自体他作品と比べても特にハードでもないし、生田演じる捜査官も多少強きの態度とったり言葉発したりしていますが快楽に堕ちるのが早過ぎであったり、生田自身も熟女女優のためか肌の色艶は良いものの体形が胸は標準、ウエスト~脚かけてのライン等は典型的なぽっちゃり熟女体形で興奮度にやや欠ける。

そろそろこのシリーズも最終が近いと思うので前シリーズ最終話同様村上演じる姫川と誰か高いギャラ払ってでもS級単体女優をW主演させて超ハードな責めを行いイキ狂いさせて、前シリーズとは違い女研の完全勝利という幕切れでもよいのではないだろうか。

そう思っているのは自分だけだろうか?・・・

普通のベイビー作品

流れはいつも通り。

女優さんは少し熟女系に感じました。

寸止めもあまりなく、後半のバックからの責めも物足りないし、イク時の痙攣もあまりなくがっかりでした。

悪いとまではいわないが個人的には不合格作品。

「女体拷問研究所 セカンド VOL.11」の本編動画はこちらから