【清水理紗】主役は、心で抵抗しつつ、最後は堕ちてしまう流れが良かった。 – 麻薬捜査官 ヤク漬け膣痙攣 清水理紗

麻薬捜査官 ヤク漬け膣痙攣 清水理紗

政府機関でありながら非公認組織の捜査官である理紗。

急増する不審死を遂げた若い女性達の背後にある快楽薬の存在へ辿り着く。

製造工場と疑われる医院に看護師として潜入。

しかし院長の罠に嵌められ、快楽薬を投与される。

電流、バイブ、3連電マ責め、卑劣な快楽拷問を受ける。

薬漬けにされ心身ともに蹂躙された理紗は…。

「麻薬捜査官 ヤク漬け膣痙攣 清水理紗」の本編動画はこちらから

女優名: 清水理紗

主役は、心で抵抗しつつ、最後は堕ちてしまう流れが良かった。

気位の高い女が、屈辱的な言動で、ネチネチ責められ、羞恥をさらけ出す流れに興奮した。

仲間を助けるため、仲間をフェラし、さらに、仲間が敵に脅され、主役とSEXするのも良かった。

それまで、抵抗して強気の発言をしていた女が、 敵に、何度も快楽薬を射たれ、陰部をまさぐられ、 話が7割ほど進んだところで、初めて「イクぅ~」と、声を出し落ちたのが良かった。

ただ、落ちた後の終盤、恥じらいながらも男を求めるセリフ(例えば;チンポ下さい・私の中に入れて下さい…)等を、いろいろ言って、 完全に落ちて、男のいいなりになる姿を見たかった。

感じまくって従順だったが、受身で、どこまで落ちた精神状態だったが、少し曖昧だった。

とにかく充分楽しめたので、購入して良かった。

「麻薬捜査官 ヤク漬け膣痙攣 清水理紗」の本編動画はこちらから