【枢木あおい, 馬場のん, 七海ひな(七瀬ひな), 愛須心亜】刺さる人はぶっ刺さりまくるのでフェチ、あるいは開拓に是非! – 【VR】シティボーイ(東京出身)というだけで片田舎から出てきた地方女子に大モテ! バリバリ方言で告白されて勃起した僕を奪い合うASMRハーレム王様ゼミ飲みVR

【VR】シティボーイ(東京出身)というだけで片田舎から出てきた地方女子に大モテ! バリバリ方言で告白されて勃起した僕を奪い合うASMRハーレム王様ゼミ飲みVR

関西の大学へ進学した僕はゼミ仲間から「シティボーイ」と崇められている。

なぜなら全員地方の片田舎出身で東京生まれの僕は憧れの存在なのだ。

「方言で話す女の子って可愛いなぁ」そんな僕の一言が女子たちの闘争心に油を注いでしまった!急にみんなが方言丸出しでアプローチしてきて激化していく主導権争い。

京都、福井、広島、宮崎…各方言で告白されて胸キュン!気持ちイイ瞬間はどんな方言が出るのか…気になるぅ~!!

「【VR】シティボーイ(東京出身)というだけで片田舎から出てきた地方女子に大モテ! バリバリ方言で告白されて勃起した僕を奪い合うASMRハーレム王様ゼミ飲みVR」の本編動画はこちらから

女優名: 枢木あおい, 馬場のん, 七海ひな(七瀬ひな), 愛須心亜

悪くはないと思いますが…

まず個人的にのんちゃんが無理でした(宮崎の方言は良かったです)、他の方も書かれていますがどうしていいか分からない感じや演技もかなり下手な感じ(他の3人がなかなか良かった事もありますが)が見てとれてのんちゃんでかなりなえました。

枢木ちゃん達3人との4Pプレイなら良かったかもしれません。

又シティボーイだの東京の人だから~?だの実際ありえなさすぎる設定も??という感じ、枢木ちゃんやひなちゃん、心亜ちゃんがこちらを狙ってる感じをうまく演じていたのは良かったと思うが、3人もいい女優さん揃えたならもう少し設定等細かい部分もちゃんと作れないのだろうか?と思いました。

JOIパートは本当に必要だったのか

色々な要素を詰め込みすぎて、結果中途半端な仕上がりになりました。

そもそも設定(関西の大学に通うJDがシティボーイなだけでモテモテ)が昭和丸出しで令和の作品とは思えないし、告白パートを入れたり、方言を売りにするなら、乱交ではなく個別のパートでのASMRが欲しかったところですし、本編-4が疑似JOIパートなんですけど、終わらせ方が「じゃあなんでJOIやらせた」って感じです。

エロパートでの方言感が弱いのでJOIを追加した気もするんですが、本末転倒ですよね。

それ。

そもそも「方言」「耳元で」の要素でASMRって言うのも、どうなのよと思うし。

こんだけタイプの違う女優を揃えたら、もうちょっと風変わりな作品を作れたんじゃないかんかなぁ。

5P作品としては凡庸だし、今更男優のうめき声が入るVRって…なめられてる感すら感じましたね。

この監督の作品である「こんなもんでいいだろ」という感が、満載でした。

買ってヨシ

4人ハーレムのVRは初購入でしたが、買ってヨシでした。

構図的にすごく難しいと思っていましたが、やはり4人全員入る構図はプレイやポーズが制限されてしまっています。

ですが、それを上手くカバーしてる撮り方がよかったです(ひとりは耳舐め等で画面外)4人全員出番がしっかりある公平な台本と、新人女優さんにしっかり活躍してもらえる様にカバーする愛須心亜と枢木あおいが優しくて、そこも見所だと思います。

発射は全て騎乗中となっており、折角4人いるんだからもっと違っても、、と思いますが現在のVRはこれが壁なのかもしれません。

のんちゃんを応援したくなるVR作品。

枢木あおいさん目当てで購入したので、見始めた時は、あおいさんばかり見てたのですが、気が付いたら、のんちゃんを応援してました。

と言うのも、のんちゃんは、まだVR撮影になれてなくて、全てどうしたら良いの?って状態で、全てに置いて消極的で、順番に胸を舐めてもらうシーンでも、次自分かな?と思い、一瞬立ち上がるも、結局カメラの前に行けず、常に消極的で、見てたら、のんちゃんを応援したくなるでしょう。

先輩のひなさんや、あおいさんは、そんなのんちゃんを気づい、「服脱ぎな!」とか「前いきな」や「舐めてもらい?」など、フォローする姿が、さすが先輩!と、言いたくなります。

後、エロシーンが始まると、あおいさんが隠語など喋ったりして、エロくさせようとしてる姿も流石感だし、あおいさんが、こうするんだよ!的に前に行き、見本を見せるかの様な感じもグッド!あおいさんが前に行き過ぎると、ひなさんが止めたりして、ひなさんが止めてくれると言う安心感で、あおいさんは前に前に行けるのかな、と思いました。

肝心の方言部分ですが、エロシーンが始まると、VR撮影になれてない、ここあちゃんと、のんちゃんがほとんど喋ってないので、肝心の色んな方言で責める感じはいかしきれてない印象でした。

VR歴の差で、こんなにも、演技力が変わるだな!と言うのが楽しめる作品に仕上がってます。

余談ですが、京都のデートスポットで「水族館もあるし!」と挙げた枢木あおいさんには、同じ京都人として、笑いました。

水族館を挙げるのは、京都人あるあるですね。

刺さる人はぶっ刺さりまくるのでフェチ、あるいは開拓に是非!

可愛い女性、そしてAV女優さんだと方言によってその可愛さ・エロさは1,5倍増になると前から方言フェチとして持論があったんですがこの作品で改めて確信!VRだからより一層入り込めて素晴らしいですオススメはまずやっぱりベタに京都弁(枢木あおおいさん)枢木さんは他にも京都弁使ってる作品多いし可愛さだったり良さは充分分かってる方が多いですよね安心安定な感じです!そしてもう1つ宮崎弁(馬場のんさん)もとてもオススメしたいです!九州人なので若干贔屓もありますけどとても可愛くて(もちろん本人含めて)癒されます!九州だと博多弁が有名だしイメージしやすいですが宮崎弁は中でも独特な感じで九州以外の方は新鮮みがあると思いますよ!広島弁(七瀬ひなさん)は男性的なイメージがどうしてもあるだけに女性が使うギャップが良かったし福井弁(愛須心亜さん)は個人的に1番馴染み薄いだけに新鮮で面白かったし魅力も感じました関西弁と東北弁の間?みたいな印象要はトータルで凄く素敵な作品です!

「【VR】シティボーイ(東京出身)というだけで片田舎から出てきた地方女子に大モテ! バリバリ方言で告白されて勃起した僕を奪い合うASMRハーレム王様ゼミ飲みVR」の本編動画はこちらから