【松野ゆい, 結城リナ, 吉澤レイカ, 桜井真央, 愛音ゆう】単なる罵倒が多いので、好みが分かれる – 罵倒SEX

罵倒SEX

今回、SODが自信を持ってお届けするエロは『罵倒』!!総勢5名の美女が、他人のチ○ポで感じまくりながらアナタを極限まで否定する罵倒を連発!!「AVユーザー、気持ちワリーんだよ!」「TV消せよ!お前に見られてると思うと反吐が出んだよ!」とカメラに向かって叫びつつも、マ○汁をダラダラと流す姿が心とチ○コを猛烈に刺激!!アナタも観れば必ず罵倒の虜になる!

【※滲み、ぼやけなどにより、映像が不鮮明な場合があります】

「罵倒SEX」の本編動画はこちらから

女優名: 松野ゆい, 結城リナ, 吉澤レイカ, 桜井真央, 愛音ゆう

ヘコむけど萌える

松野ゆい&吉澤レイカが秀逸!いじめられっ子が体験できるDVDみたいな感じの作品です普通の女優ものとか痴女ものに飽きた人にはハマるかも…

こ、これは!!!

M男の中でもハードMな人には「神」的な存在かと!こんな作品見たことなかったー見たいとも思わなかったーw注意当然ですが・・・罵倒されるのが嫌いな人には向いていません。

精神的に弱い人も控えたほうが良いかもしれない。

けっこうリアルに言われているような感じになるのでそれが好きな人は是非!

傑作

童貞、包茎、粗ちん、そんな不登校男子(視聴者)にセックスビデオを送るという内容のAVです。

ただのセックスだけでなく罵倒入りのセックス人格否定的な罵倒が多く「死ね」とか「親」とかのワードが出てくるのが個人的にキツ(抜きにく)かったけど「お前ぜってー包茎だろ?」「(デカチンと)自分のと比べてごらん?」みたいな人格ではなくチンコに対しての罵倒ワードもあってそっちは大満足個人的に「童貞君には刺激が強すぎるよねw」とか「(セックス出来なくて)悔しいねw」みたいなマイルドなワードが欲しかった作品では最終的に自分に唯一優しい女の子(松野ゆい)からDVDを渡されるのですが、その女の子は実は黒幕でセックスを見せつけられながら罵倒されてしまうというオチ。

寝取られに近いものがあります。

寧ろ寝取られ版も見たいチャプターの間には、出演されている女優さん一人一人から視聴者へのメッセージが送られます「ゴミ」とか「死ね」とか、やはり人格否定系が中心でした。

もっと「見てますか童貞チンポ君w」とか女優さん達に集団で指を差されて「アハハハw」と笑われたりするメッセージを主観で見たかったそれでも全体的に他に類を見ない傑作です。

是非続編を製作してほしいですね。

Only1の作品であることは間違いなし!

成年コミック『BLIND』(作・天竺浪人)の中に収録されている『END』にインスパイアされた作品。

だが、やはり微妙に内容は異なる。

基本構成は女優が、男優に対しては「アンアン」と甘えたり、淫乱にフェラなどをしつつ、ユーザーに目線を向けては「罵声」を浴びせると言うもの。

Sample見たほが早いかなw。

作中の合間に女優のキツイ罵りのみのパートもあり(性的なものと言うよりも人格攻撃なので注意!)。

天竺浪人の『END』と異なるのはラストに母親レ●プが無いところと、エロスの方向性の違い。

天竺のは「罵る強気女」が同時並行で性欲に淫乱に溺れるのを楽しむ方向で、こちらはエロいことしてる女がユーザーを「罵る」こと自体に興奮する内容。

自分は前者が好きなのでややズレたかな。

一番残念なのは、結城リナのエロシーンが全く無いところ。

「罵り」と演技が凄まじく上手なだけに非常に残念。

ちなみに全編「死ね」にはピー入ってますw

私には合いませんでした

ちょっと嫌な気分になりました。

文字通り「罵倒」という感じです。

個人的な感想ではありますが、全く興奮できませんでした。

見なければ良かったです。

結城リナちゃんの罵倒で始まります。

愛音ゆうちゃんは恋人エッチ。

罵倒。

吉澤レイカちゃんは乱交。

罵倒。

桜井真央ちゃんは陵●エッチ。

罵倒。

松野ゆいちゃんは淫乱エッチ。

罵倒。

結城リナちゃんエッチなし。

ゆいちゃんが1番エロい表情で感じてました。

理想通り

素人童貞で、30過ぎてソープランドで二十歳の子に筆おろしをされた自分だけに、ここで言われることはまさしく自分そのもの。

気持ち悪がられたり、セックスできないことをバカにされることが興奮につながるとを覚え、M男であることを気づかさせてくれた作品です。

松野ゆいさん、美しさときつい言葉のアンバランスなところが最高です!

買ってしまった・・・

問題作と言ってる割には正直言って出来は悪い。

淫語が少ないし女優もいまいちだし演技が下手。

演技が下手だから自然な感じではなくなにかしらぎこちない。

それに、もっと罵倒するなら罵倒しまくってるほうがいい。

サンプルに騙されて、普通に買うとがっくしきます。

微妙とか中途半端という言葉が一番あてはまる作品だと思う。

ただ松野ゆいのとこだけよかった。

演技○ 淫語多し。

前半が好き

言葉責めとは違うので注意チャプターごとの罵倒イメージシーンは意外に良い。

プレイはノーマル。

思い出したように罵倒されるのでちょっと物足りない。

後半だれる。

面白い

時々感じながら台本上ちょっと無理に罵倒しようとしてる女優さんが可愛く見えてしまった自分は、もしかすると本筋とは違う楽しみ方をしてしまっているのかもしれません。

罵倒するときのテンションの切り替わりが面白かったです。

松野ゆいはやっぱり美人だ。

愛は…ないですね

官能的に男を支配するのではなく、精神的な暴力で男を追い詰める…そんな感じの作品なんでしょうかね?まあAVなのでチープさはありますが構成、ストーリーに沿った女優さん達の演技は見事です。

Mなユーザーさんにも幅広いジャンルがあるのでしょうが、この作品はそんなMユーザーの更に一部をピンポイントで狙った作品。

入り込める人には非常に良い作品かも知れませんが、こういう作品まで手がけるSODがスゲェな~、と客観的に見てしまった僕向きではないかな。

そんな僕には評価のしづらい作品ですが、自分の感想に正直に☆2つと言う事で…。

最高傑作

ストーリーが良いです。

カメラワークが良いです。

イメージシーンをもっと長くしてほっぢぃぃぃぃぃい!こんな完璧な作品にであったことはありません!2 待ってます。

作為の果てに普通。

非常によく練られていると思います。

しかし、普通です。

ノーマルセックスの合間に罵倒を挿入するというのは画期的なスタイルだと思います。

ただそれだと間延びの感が否めません。

2時間超の作品は、もう少し短くてもよかったように思います。

他の方も書いていましたが、罵倒の科白が性的であるよりもより人格攻撃的で、「死ね死ね」言われてもちんぽはなかなか起っきしません。

僕に関する限り。

また、女優さんが軒並み器量に劣るのも残念でした。

罵倒の言い回しや演技などに重点をおいての人選かと思われますが、シコメに罵倒されても苦笑してしまいます。

自分としては進行役の女性(結城リナさん?)に実際にプレイしてもらいたかったです。

ただ、このように綿密に練られた作品というのは、それだけで一定の賞賛に値すると思います。

次回作に期待しています。

ちょっとえげつない

ユーザーを貶めながら自分たちは思う存分快楽に興じる、というコンセプト自体は良いのですが罵倒する出演者たちのやってるいじめが陰湿で、極悪非道そのものなので今一つ入り込めませんでした。

ちょっと観ているこっちがひいてしまいます。

もう少しまっとうに罵倒されたいものです。

というか罵倒ほどまでいかなくとも、もう少しマイルドな、侮蔑ぐらいでよいです。

しかしその辺は個人的嗜好の違いで意見が分かれるとこなんでしょう、難しいところですね^^;吉澤レイカのプレイと結城リナのメッセージは秀逸でした。

たまんないね☆

ただ罵倒しながらSEXしてるAVだと思ってたんですが…。

ちゃんとした設定があっていい感じでした。

見慣れたクラスメイトの女のコが、男子とハメ撮りしたDVDをいろいろ送ってくるわけですが、SEXで感じながら、画面の向こうの主人公を罵倒する画は、M的に萌えます。

列島がゆれた!

胸に突き刺さる熱演!罵倒することによる、不登校児への逆説的メッセージ。

スクリーンに釘付け!文句なしの一本!

単なる罵倒が多いので、好みが分かれる

単なる罵倒(死ね、ムカつく)が多く、個人的には合わなかった。

性的な罵倒セリフを期待していたが、それは殆ど無かった。

好みが分かれる点を理解して購入するなら、損は無いと思う。

「罵倒SEX」の本編動画はこちらから