【宮沢ちはる】レ●プ大好物なら – 恋人、失格。 宮沢ちはる

恋人、失格。 宮沢ちはる

うだるようなある夏の日、ちはるは両親のいない自宅でひとり彼氏がやって来るのを待っていた。

インターホンが鳴り響き、玄関の扉を開けるちはる。

そこへ突然男たちが彼女に襲い掛かり、華奢なカラダを押さえつける。

激しく抵抗するちはるの目の前でカメラを持って呆然と佇む彼氏。

気付いたちはるが助けを求めても、彼氏は目を背けるばかり…。

「こいつも俺たちとグルだから。

助けてなんかくれないよ…」 悲しみと悔しさで涙を零すちはるに男たちの欲棒が襲い掛かる。

耐えがたい恐怖から必死に逃げようと力を振り絞るちはるだったが、何度も押し倒され蹂躙されるのだった…。

「恋人、失格。 宮沢ちはる」の本編動画はこちらから

女優名: 宮沢ちはる

久々に本気嫌がり泣きに出会った!

泣きながらAVは数多くあるけど割と受け入れてたりするので本気嫌がり演技で泣いてるのは久々に見ました。

昔は多かったんだけどな。

ちはるちゃんの演技が素晴らしい。

最後、泣きながら堕ちるのもみたかったけどなぁ。

でも永久保存版です。

本気の抵抗、本気のボロ泣き!

ドン引きするくらい宮沢ちはるちゃんが本気の抵抗、本気のボロ泣きでした。

演技とは思えない、迫真の展開でした。

素晴らしかったです!設定は?な点はありましたが、引き込まれました。

息を飲む展開とエロ部分のバランスが丁度良く、全体的に良い出来だったと思います!

女優魂には賞賛を惜しみませんが…

宮沢ちはる嬢の壮絶な犯られっぷり、女優魂には賞賛を惜しみません!!もはや演技ではなかったのでは??と思わせるほどでした。

まるで便器で用を足すかのように突っ込まれ続けます。

恋人を複数の男達にレ○プさせる理由がよくわかりません。

いったい彼女が何をしたというでしょう?!ファンが多い女優さんなので、こういう作品を撮るなら、しっかり理由づけがないと誰も納得できないと思います!!

女優さんが可哀想

テーマがテーマだけに丁寧に観させていただきましたが、作品としては難しい。

難点襲われる理由が不明瞭→これをしっかりしないと感情移入が出来ない襲い方が雑すぎる→周囲への警戒という犯罪を●すという臨場感や罪悪感が無さ過ぎる、強●をしに来たわりには”楽しむ”姿勢は見られないカップルの睦みあい→インサートにされたら萎えるし入れる位置も絶妙に高まる所ですし玩具弄り→あまりの不意さに”は?”となるしやり方も雑すぎて意味不明シーン展開→コロコロ変わり過ぎて落ち着かないし集中も阻害される首絞め→多用し過ぎ、黙らせる意図なのか大人しくさせたい意図なのかも不明瞭引き際→冒頭の意気込みとのアンバランス良いところカップルの睦みあい→内容的には申し分ない宮沢ちはるさんの演技→睦みあいも男達への抵抗もカメラの彼氏への絡みもリアルでその場の最適解と思えるもので、それゆえにラストの怒り・狂気・嘆きが光ってた。

総評”一軒家”という複数の部屋が有り、多数のシチュエーションが撮れるという利点が活かせず臨場感を出したかったであろうカメラワークが”抜く”ことには意味を成さず男4人居る意味も見出だせず萎えるタイミングでのインサートとはこれいかに。

流石に女優さんには申し訳ないですが、ドラマ的に感情移入も出来ず、抜きものとしても成立しないのでは、”駄作”としか例えようもなく。

控え目に言って傑作です。

久々にパンチの効いたレ●プ作品を見ました。

宮沢ちはる嬢の激しい抵抗、叫びや号泣は息を飲む迫力でした!贅沢を言えば、最初に恋人役とラブラブのセックスを見せてくれてからのレ●プなら、非情さが際立って更に良かったです。

ファンの人にはツライものがあるかもしれませんが、フィクションとして妄想を楽しめばいいかなと…控え目に言って傑作です。

見るのに勇気がいると思います

レ●プ、輪●、陵●というジャンルが好きならともかく、そうじゃない人は見るのに勇気がいると思いますヨ。

宮沢ちはる嬢が好きなので、見るのがツラかったです。

とにかく演技力は素晴らしいです。

ラストの狂気も圧巻でした。

可哀想で抜けるかどうかはともかく、宮沢ちはる嬢の圧巻のパフォーマンスはパーフェクトなので満点をつけさせていただきます。

というか逆に満点じゃないと、頑張った宮沢ちはる嬢が余りに可哀想すぎます!!

壮絶な輪●作品!

胸糞悪過ぎます。

涙ぼろぼろ壮絶な輪●作品でした。

最後まで激しい抵抗と絶望の涙です。

宮沢ちはるちゃんが可哀想過ぎます。

服を乱暴に剥ぎ取られ、ビンタされ、何度も代わる代わる突っ込まれて犯●れます。

凄く興奮してしまいました。

泣き顔、可愛過ぎです。

犯られっぷりエロ過ぎます。

ファン失格です。

申し訳ございません。

レ●プ大好物なら

レ●プ・陵●作品としての壮絶さ、完成度は素晴らしいと思います。

ただ、最愛の恋人を襲わせる意図がイマイチ説得力がありません。

交際1年という二人の絆が伝わってくるだけに、どうも腑に落ちない点があります。

宮沢ちはるちゃんは最後まで激しい抵抗でボロ泣きボロ雑巾のようになって終わります。

ある意味単調ですが、レ●プ大好物な人には堪らない作品だと思います。

「恋人、失格。 宮沢ちはる」の本編動画はこちらから