【姫乃未来, 甲斐ミハル】何も言うことはありません – 3姉妹の舐め犬黄金便器

3姉妹の舐め犬黄金便器

古民家に住むサドの3姉妹は、いつものように営業マンを呼び寄せては睡眠薬を使い拉致監禁し、オナニー用の舐め犬になるまで抵抗する男を暴力でねじ伏せしつけを繰り返し日常的な人間性玩具にする。

抵抗もしない完全な舐め犬に仕上げると飽きていつものように人間便器に改造する。

ホースを口にテープで止め、小便を連日容赦なく飲ませ、次は開口器で口を閉じなれないようにしクソを詰め込みテープで塞ぎ完食するまで放置する。

3姉妹のクソと小便を1日3度の食事として食わせ食費もトイレットペーパーも水道代もかからない人間便器にする。

「3姉妹の舐め犬黄金便器」の本編動画はこちらから

女優名: 姫乃未来, 甲斐ミハル

素晴らしい。

とにかく大満足でした。

プレイのバリエーションもさることながら、時間の長さ。

女優さんの自然な演技。

値段は高いですが、買って損はないと思います。

特に、宮崎由麻さんの演技にはとても引き込まれました。

素晴らしいです。

何も言うことはありません

3姉妹のもとを訪れた男が、薬を盛られ、人間便器に落ちていくさまを短時間でうまくまとめている作品です。

暴行⇒舐め犬⇒人間便器⇒トイレットペーパーという順番で調教されていきます。

最初の舐め犬になるまでに、ちょっと抵抗するのですが、3人で集団でリンチを加えられ、徐々に従順になっていき、呼べばいつでも来て舐める犬へと落ちていきます。

次にペットボトルにホースをつないだ漏斗で聖水を飲まされ、さらに開口器で強制的に口をあけられて、そこに大便をされます。

大便は口の中に入り、男は苦悶の表情を浮かべますが、「全部食うまで外さない」といい、口には粘着テープが張られます。

次のシーンで開口器無しに男は大便を受け止め、またも粘着テープで蓋。

シーンが進むに釣れ、自主的に大便を食う豚に落ちていく様子が綴られます。

この構成だけでもぞくぞくするのですが、出演女性が良いです。

およそこんなハードプレイには無縁な、あどけなさの残る少女。

舐め犬に奉仕させている間、特に無関心に本を読み続けたり、過剰にあんあん言ったりしないスタイルは、完全に舐め犬奴隷がいることが生活に溶け込んで、当たり前担っているようです。

すばらしいの一言ですね。

「3姉妹の舐め犬黄金便器」の本編動画はこちらから