【大島優香】ストーリーに違和感なし – 童貞青年に溺れた人妻ソープ嬢 大島優香

童貞青年に溺れた人妻ソープ嬢 大島優香

大衆人妻ソープ店で働く新人泡姫の優香。

誰にも頼れずに休みなく働く孤独な日々の中、優香のもとに青年・杉浦がやって来た。

前戯だけで射精してしまう初心な杉浦は、女性経験が無かったのだ。

『僕の初めては、優香さんにお願いしたいんです。

』再び来店した杉浦の熱い眼差しに心を打たれた優香は、ソープ嬢としてではなく一人の女として心を込めて筆下ろしていくのだった。

それから二人の関係は、徐々に縮まってゆき…。

「童貞青年に溺れた人妻ソープ嬢 大島優香」の本編動画はこちらから

女優名: 大島優香

さすが優香様っ♪

男を好きになる前のソーププレイはチ○ポ舐めにしても営業的でご奉仕的なプレイを見せてくれます…まぁーそんなプレイでもあの自慢な舌でチ○ポを舐められたらたまんないけどねっ!…そして男を好きになった後の絡みは今までとは違う…淫らさを見せつけ…おねだり指示をしながら男の顔にオマ○コを擦り付けながら「気持ちいい…」を連呼しながら腰を動かして感じまくる…チ○ポを突かれての喘ぎ声もソープの時とはまるで違う喘ぎを見せる優香様…そのギャップ…見事ですっ♪

日本の至宝、大島優香様!!

大島優香さん目当てにレンタルしました。

相変わらず魅力的な大島さん。

年齢を感じさせない愛くるしい表情とハスキーボイス、それに人を惹きつける独特の雰囲気が何とも言えません。

本作品では、夫が事業に失敗し、莫大な借金を返済するためにソープ嬢になった元セレブ嬢という役柄ですが、その醸し出す雰囲気に違和感はなく、お客として訪れた青年に一人の女性として愛していく様が、非常に良かったです。

大島優香さん、あなたは正に『日本の至宝』です。

いつまでも第一線で活躍し、世の男性群を喜ばせてほしいと思います。

これで「青年」?

大島優香はデビュー当時から好きだったが、相手になる男優はオヤジばかり。

これではせっかくの美貌が、下品な作品に見えざる負えない。

キャスティングにもっとまともな男を使うよう、スタッフたちは考えろ!

2Dなのに没入感。抜ける場所たくさん&疑似恋愛の世界を見事に描く

大島優香さんはVRで知りました。

包み込むような感じがたまらなく、綺麗だな~という印象でした。

何よりも、没入感あふれる演技力が印象的でした。

それで2Dも見てみようと。

迷いましたが、ムチムチ感のたまらないパケのこの作品に。

フェロモンが漂っていて・・・。

フェチな自分としては・・・アラフォー女特有びぷっくり下腹部からYゾーンがたまらないです。

このシリーズも小山雅継監督も初めてですが、見事だなと思ったのは、ソープランドと言えば疑似恋愛の世界だとよく言われます。

それをよく描いています。

越えてはいけない線と、ある意味掟破りをするのだけど、最後の男と優香さんの表情の違いがとても印象的です。

男はその年になるまで童貞だったと見れば違和感はないと思います。

ねっとりしたキスをする場面と貪るようなキスの場面の使い分けとか、でも、大きな喘ぎ声は嬢としてのものと本心からくるものとが重なっているようで。

あまりにも自然なので没入してしまいます。

それでいてしっかりと、多くのAVよりも十分に抜く場面を作ってくれていて、優香さんのフェロモン全開です!最初はとりあえず、抜いていただいて、二回目にじっくりと心理描写を追いながら見るといいと思います。

抜けるという意味でも、ドラマとしても、二つの意味で、いい作品を見せてもらいました。

アラフォーだけど,可愛いお顔

ソープ嬢に扮した大島優香。

綺麗で可愛らしいお顔,絶品ボディー,エッチテクとも上級クラスなので,大衆ソープの設定だけど,やはり,高級ソープ嬢とするべきでしょう。

さらに,人妻がソープ嬢になること自体,失格だけど,童貞青年に溺れてしまうというダブルの不貞行為を演じます。

まずは,髪をアップにしたカメラ撮影のイメージシーン。

アラフォーだけど,可愛いお顔。

この優香のお顔だけでチ○ポ勃っちゃいました。

なので,この顔で迫られたら,好きになっちゃうことも有りですね。

憂いに満ちた瞳で見詰められ,キスされ,テク抜群の舐めフェラ,そして,マットプレイなどのソープ技。

本当は性欲優先だけど,AVの設定として恋愛感情が芽生え・・・。

情熱的に燃え上がる性交。

いい女です,大島優香。

ストーリーに違和感なし

ソープ嬢が童貞青年に溺れるという設定には「ありえないのでは?」と疑念を持つ。

が、本作は「元社長夫人だったが、夫が事業に失敗し莫大な借金を返済するためにソープ嬢になった」という役柄設定と、大島優香の持つ純真さゆえに違和感がない。

ソープ嬢作品はこれで2作目。

初々しい新人ソープ嬢という設定ながら、そのテクは濃厚で抜群のエロさだ。

独特の大きく舌を出すキスやフェラはもとより、ソープ技にも淀みがない。

当たり前かもしれないが、この人はどの作品でも手抜きがない。

真摯に役柄に向き合っている姿が伝わってくる。

さすがマドンナ社の至宝だ。

同僚ソープ嬢役でよしい美希が出ている。

例によってヌードもカラミもない純脇役だが、貴重な存在だ。

ソープ店控室での、「パネルマジック(風俗嬢のHPなどのパネル写真が加工されること)」の会話などが興味深い。

「童貞青年に溺れた人妻ソープ嬢 大島優香」の本編動画はこちらから