【夏目彩春, 広瀬奈々美(堀口奈津美)】凌●系は好きになれないが・・・ – 躾けられた肉体 夏目彩春 広瀬奈々美

躾けられた肉体 夏目彩春 広瀬奈々美

円山商事秘書課で働く芦川優香に大手アクイラコーポからヘッドハンティングの声がかかる。

昔から憧れていた会社からの引き抜きに胸を弾ませる優香。

しかし、彼女に待ち受けていたのは研修とは名ばかりの淫らな躾であった。

「躾けられた肉体 夏目彩春 広瀬奈々美」の本編動画はこちらから

女優名: 夏目彩春, 広瀬奈々美(堀口奈津美)

抜群なモデル体型、スタイル見るだけで満足

長身で抜群なスタイル。

まさにモデル体型。

このスタイル見るだけで満足かな。

それに大変な美人。

後姿がたまらない。

堕ちる

夏目彩春さん、いいですよね。

なんか気高さを感じさせるのに、結構エロい。

個人的に大好きな足舐め、アナル舐めがあったのも嬉しい。

湿った舌がとてもエロチック。

NTR要素も盛り込んだストーリーは可もなく不可もなくって感じです。

最後のどんでん返し?はいらないかな。

まあ、満足できた一作でした。

身体がいい!

毎回無理やり犯●れてる感がありましたが今作はまだいいかな。

好きな女優さんの一人です。

彼女はVIP接客のために躾けられたのか?…女秘書の調教を描いた作

先輩(奈津美嬢)と同じように、転職を決めた優香(彩春嬢)を待っていたのは恥辱の研修です普通のOLが出世の代償として、その会社のために従順なシモベに躾けられて行くという大筋です転職した会社のセクハラに違和感と不安を感じて、研修所から逃げ出そうかどうか躊躇っていた時先輩が会長に甘えながら、尻を差し出して叩かれながら濡らしている姿を目の当たりにしたことで、逃亡することを決意するが、玄関先で捕まり、強引にスカートをめくられて叩かれた挙句、レ●プされてしまう!その後、優香は些細なミスをするたびに、それを理由にパンティーをずり下げられて、パチ~ン!パチンっと、生尻を叩かれることとなり、1…2…3と叩かれた数を数えさせられる屈辱を味わわされる!研修を終えた優香は会長付きの秘書として働くこととなるが、その時にはすでに性奴●として自覚するまでに教育が完了していた。

それを証すように、彼氏が同じ部屋で商談中にデスクの蔭で会長の肉棒をくわえてご奉仕する。

そのうえ、尿意をおさえ切れずにお漏らしし、その罰を会長に無言で求め、自らお尻を差し出して…叩かれた数を数えるこの時の優香の声と微妙な表情が何ともエロイ!ラストでは先輩と同様に従順な特殊秘書として会長を出迎える姿を魅せてフェードアウトする!少々ひねりを入れているが、概ねオーソドックスな作品です!躾け方もレ●プとお尻叩きという、実にシンプルなものです。

ですが…本作の売りは、大人の女性が「幼児がお仕置きされているような」情けない姿勢でお尻を叩かれるという屈辱のシーンにあると思う。

子供と違い「プッくりとふくらんだ女器まで剥き出しになるから恥ずかしさも一塩のことでしょう!叩かれた数まで言わされるという、一般社会ではありえない恥辱に、優香がどんな反応をするのか?この点は構成も演技も好評しますただ、本作は閉じられた室内のみの折●なので、「辱感」がやや弱めな感じがする次作がもしあるならば、お庭や車中、社内の廊下、政財界人などの輩の真ん前で躾けて欲しかったそれに、せっかく剥き出しにした“恥丘”を狙っていないのは勿体ない!愛撫を入れても良いので、アソコを叩いたほうが挫折感も増す展開になったと思う。

この点も考慮して欲しいものです終盤が良かったので、総評は☆3.5~4つくらいかな?

ストーリー▲、スリムで美しいからだ、演技〇、局部アップ◎、

ストーリー▲、スリムで美しいからだ、演技〇、局部アップ◎、夏目彩春表情良し夏目彩春の演技、表情は実に様々な表情が出せ、いいと思う。

拒絶しながら、体の快感に負けてゆく表情がいい。

また、抑制気味ではあるが、喘ぎ声が感じさせる。

最終章での人物入れ替わりのネタバラシには驚かされたが・・・

【★BOD版を視聴してBlu-rayのページに投稿したレビューコメントに、1000文字を超えるため記述できなかった細部のコメントを公表するために、こちらのページに残りのコメントを投稿させて頂きます。

コメントの本体はBlu-rayのページをご参照ください。

★】作品の内容と背景に関する追加のコメント:(1)優香の礼儀作法について躾けられる前の優香のマナー違反は、制作上の演出だったのか?・会長室のドアをノックする回数が2回だけだった。

3回以上でなければ失礼だろう。

・会長に初対面で会釈した角度が非常に浅かった。

ほとんど上半身を傾けなかった。

この時は、まだ会長は何も咎めなかった。

それはおそらく研修開始前だったから。

研修開始早々に、和室での無作法を3点指摘して初めての体罰(尻叩き)が加えられた。

(2)映像的に可笑しな最大の突っ込みどころ会長室で机の陰に隠れて優香が会長をフェラする場面で、婚約者が入室して来た時、明らかに優香の頭が机から半分以上出て見えるのに、会長と面談する婚約者の方からは全く優香が見えない映像が撮られている。

それは本当に優香がいない状況で撮影したのだろう。

会長をフェラする場面で優香の頭がもっと低くなる姿勢にさせなかった理由が分からない。

突っ込みどころにしたかったのだろうか?以下は、特に作中で触れられていない、作品の背景についての疑問:(3)会長秘書は大物政治家などのVIPを性接待するのか?そのために複数の女性を会長秘書として調教した後、高給で養っているのだろうか?・オープニング映像の優香と彼氏のデートで、優香の派遣先の会社と政治家との悪いうわさ話に言及していた。

・作中では、会長秘書が対応するお客様の秘密を厳守することについて言及している。

・作中では、年収1000万円以下の一般社員と比較されているから、会長秘書はそれを超える高給待遇なのだろう。

(4)うまく調教できなかった女性は、機密保護のためどう処理するのだろう?たとえば悪の組織にでも性奴●として転売するのかな? そうなった場合、悲惨な末路が予想される。

(5)優香の元の所属会社、円山商事について秘書課の女子社員を当人に悟られないように秘密裏に大企業のオーナーに性社員候補として派遣し、先方に気に入られたら高額で譲渡して移籍させているのではないか?

向上心を餌に性奴●に躾けられる美人OL

尊敬する先輩に続いて大手の会社から引き抜きされ、キャリアアップに胸弾ませるOL。

一週間の宿泊研修とは名ばかりに極悪社長による躾と称するとんでもない性的な洗脳・凌●に見舞われる…というAVらしい作品。

もっともらしい理屈を並べて秘書の心構えや覚悟を説き「あなたの秘密を見せてください。

ここで裸になってください。

」キター!ぞくぞくの展開。

ボタンに手をかけるも「やはり無理です…」当然だよね。

「お手本を見せましょう。

」と先輩秘書を呼ぶと模範的な脱ぎっぷり。

次はいよいよ…との期待は裏切られ次の場面へ。

あの~彩春さんの脱衣シーンってどれだけ艶っぽく視覚刺激を跳ね上げるか…わかってないなぁ。

奈々美さんの100倍価値があるんだけど…。

先輩が全裸でお仕置きされるのを盗み見し、拘束されて社長の餌食になり、必死に抵抗するも中出しされてしまう。

偉そうに説諭してたけど、ただのどすけべ社長じゃん。

脱出しようとして捕まり、辱めを受けてしまう彩春さんの秘裂やおさねが薄モザ越しに観察できます。

回を重ねる毎に洗脳されて従順になり、差し出された足指や乳首に這わせる舌のいやらしいこと。

ナメクジのように動く彩春さん必殺の舌技を存分に堪能できました。

パンツを下げて小学生並みの陰茎が彩春さんの口淫でみるみる怒張が漲るのも無理ありません。

躾や罰と称して幾度となく尻を叩くのは監督の趣味なのか、感心しないな。

お尻の合わせ目のタラコのような陰唇は目を癒すけど…。

社長室の机下でフェラを命じられ、失禁までさせられても従順に応じる美人秘書。

再び足指をめっとりと舐め上げ、太腿や鼠径部、根元、陰嚢裏まで舌を這わせると「ケツの穴もだ。

」「はい…」私の彩春さんがあの舌技で裏門を舐め清めてくれるなんて…社長と入れ替わりたい・・。

悪行を許せない想いと羨ましさが交錯します。

全裸にされ鬼畜のような社長の肉棒なのに、挿し貫かれることを懇願するほど心も身体も洗脳されてしまった美人OL。

彩春さんの極上の裸身が快楽に酔う媚態を堪能できる落ち着いた寝室でのまぐわいがなかったのは企画上、仕方ないか。

あまりに美人でスタイルも目を奪う女子社員だと、極悪社長に狙われて性奴●にされてしまうという裏社会の闇を垣間見た思いです。

びっくり

夏目彩春の綺麗なからだと、調教されながらも、そんなにドギツイ感じでもなく、本人の感じっぷりもエロかったので、程よい感じ!広瀬奈々美(堀口奈津美)の超脇役っぷりが、びっくりしました。

あそこまでやるんだったら、1回だけで良いから、最後までやって欲しかった。

フェラ、尻打、足舐め、が多く早送りした。 女優は良い

主演の夏目は「なぜこんな娘がAV業界へ??」と訝しくなるような素直そうなお嬢さんである。

 マン毛の処理も良し。

 広瀬奈津美が助演してヌードを披露してくれるが彼女をもっと利用すれば内容のある筋立てになったのではないか??圧巻は1:58からの会長室での全裸の絡みである。

 既に調教済みの肉体がいたぶられ、カメラは抜き差しを角度を変えて追っている。

 折角調教したのだから、顧客に奉仕するところを見せて欲しかった。

 フェラや尻打ちのシーンが多過ぎて退屈する。

期待しただけにがっかりの作品

犬神作品なので期待して観ましたが展開もカメラワークもまるでダメ。

秘書としての採用面接的な設定で『これから私はあなたに色々な秘密を見せていくことになるのだから、あなたも私に秘密を見せて欲しい』と言い、裸になるよう命じるシーンは、作品の中で最初にヒロインの夏目彩香が裸になる場面として期待が高まったが、代わりに広瀬奈々美が出てきて終わってしまった。

凝った場面設定と会話は意味なく終わり、結局ヒロインはレ●プで裸になるという展開は理解しがたい。

躾けれれていく過程の描写もさっぱりわからないし、何度も出てくるお尻を叩いて罰を与えるシーンや足を舐めさせるシーンなどいらない。

サンプル画像にある全裸で会長の帰宅を出迎えるシーンも期待したが、エンディングのカットだけだったのもがっかり。

相変わらずの夏目彩香の美しさだけが救いの作品でした。

性奉仕勤務を説得するシーンの意味が無い

性奉仕を断る夏目に対し既に派遣されていた広瀬が従順に全裸になる展開で二人で競わせるかと思ったらその後強●して従順にさせる展開とは。

その後広瀬のカラミも性交がなく以後登場ぜず広瀬の存在自身意味が無かった。

中盤の会長室での失禁シ-ンも酷いくらいに注目させてないし、最後の会長ネタばらしも日中会社にいない暇な会長の理由と意外性を狙っての事だと思うが大して面白い展開ではなく逆に商談で会長と名乗り役職詐称をした事が気になってしまった。

序盤の性奉仕を要求する不条理な説得はその後の展開に期待を持たせたが結局力技で従わせてしまい非常につまらないドラマだった。

無理が有るけど説得力のある凝った脚本で被虐感も強い

冒頭で恋人との良さを端的に見せる脚本は女優に演技力を要求せず、マナー研修もそれらしい内容でいてエロを突っ込んでくる展開はこの監督の巧さを感じる。

赤裸を強要される件も内容が無茶だが説得力と緊張感がある。

叩かれる音に導かれて目にする女の尊厳を蹂躙する仕置きの現場に緊張は高まる。

目覚めて直ぐ始まる強●も挿入されても抵抗し続けて中出しを受けるのは見応えがある。

脱出を試みるも失敗し絶望のなか剥き出しにされた尻を叩かれる折●には被虐感があり、開脚させられ何故か濡らした性器を嬲られ逝かされ続ける羞恥と快感の映像が見事だ。

挿入されて少しあった抵抗も失われて逝き続ける堕ちた感じが良く口で精液受ける。

台所でお仕置きされ廊下で口奉仕させられる描写で女が常にいたぶられ従順になっていくことが分かるし、社長室で声を上げられない状況で小便を漏らし精神的にも追い詰められる。

追い打ちを掛ける折●を甘んじて受ける様子に完全な服従が表現される巧みな演出で被虐感が高いし自ら快感を求めて何度も逝く絡みは背徳感が高い。

凝った作りのラストだが更なる辱めへの期待は裏切ったかな。

凌●系は好きになれないが・・・

女優を活かすも殺すも 製作者次第?これだけの美貌と容姿を持った女優さん(夏目彩春)は そうそうAV界に出ません”金田たかお”は役も竿も普通・・・満足感のない作品だったなぁ

「躾けられた肉体 夏目彩春 広瀬奈々美」の本編動画はこちらから