【塚田詩織】特撮だからこそ – ヒロイン乳辱 ワンダーレディー

ヒロイン乳辱 ワンダーレディー

今日も地球の平和を守る僕らのスーパーヒロイン・ワンダーレディー。

その昼の顔は名門高校の数学教師として清楚な日々を送る礼芽。

彼女は同僚の保健体育教師・佑樹という恋人もでき、まるで高○生のような初々しい純愛を貫くのであった。

そんな礼芽の唯一の悩み、それは乳房が大きすぎること。

今日も銀河テレビのお節介レポーターが取材に。

「ワンダーレディーといえばオッパイ、ワンダーレディーといえばボインちゃんなわけで~す!」そんな外野の声を無視し、今日も彼女は地球の平和を守るのだった。

そんな彼女の前に突如現れた謎の男ファントム。

しかし、まったく同時刻に恋人の佑樹の前にはなんと、ワンダーレディーの姿が!?狡猾な罠でWLを陥れてゆくファントム。

その狙いはなんと…【恋人殺し】の汚名。

すっかり礼芽をWLに惨殺されたと信じてしまった佑樹。

「ち、違うの佑樹さんッ!…礼芽は…私は死んでなんかいないッ!!!」礼芽の心の叫びも復讐の鬼と化した佑樹には届かない。

「ククク。

まさかこんな罪を被ることになろうとは思ってもいまいワンダーレディー…“自分殺し”とはナ」ファントムの罠が完結した時、ついにWLを地獄に陥れる最後の討伐が幕を開ける…自身の武器『正義の捕縄』でスーパーパワーを封じられてしまったWLを襲うのは文字通りの乳房吊り!まさに足が浮くか浮かないかのギリギリリアルボンデージ!さらに乳首に怪しげな薬品を打ち込まれてしまう…そして彼女の自慢の乳房は…恥辱の“ニップルファック(乳房ファック)”に身悶えるWL。

しかもそれは恋人ばかりでなくファントムにまで!「こ、このままじゃ…このままじゃわたしのおっぱいが死んじゃううううううッ!!!」さあどうする!?…我らのワンダーレディー!?[BAD END]

「ヒロイン乳辱 ワンダーレディー」の本編動画はこちらから

女優名: 塚田詩織

特撮だからこそ

あらすじを読んでかなり後味が悪そうだった&値段がお高めだったために 購入するのにかなり悩んだものの、数少ない特撮乳姦モノということで ほぼ勢いだけで購入確定をクリック。

まずコスチュームのエロさ、特に少し動いただけでも おっぱいがバルンバルンと暴れまくる絶妙な仕立て具合に目が行きました。

薬品注入による乳首改造からの乳姦という現実ではありえない設定も、 特撮モノというジャンルであることで実用性を高いものにしていると感じました。

あらすじにあるように、敵の罠により恋人殺しの汚名を着せられ復讐されるという 設定が個人的にどうにも苦手なのでその部分は飛ばすようにしていますが、 それでも十分楽しめています。

「ヒロイン乳辱 ワンダーレディー」の本編動画はこちらから