【吉沢明歩】着物と刺青。 – 極道の妻 吉沢明歩

極道の妻 吉沢明歩

惚れた男がたまたま極道だった…女は哀しい人生を歩んでいくことになる。

六代目吉沢組組長の妻・明歩。

組長の居ぬ間に組の崩壊を狙う周囲の男達。

凌●され、レ●プされ、屈辱を受けながらも、気丈に立ち向かう!

「極道の妻 吉沢明歩」の本編動画はこちらから

女優名: 吉沢明歩

素晴らしい演技ぶり

どんな役でもそつなくこなすAV女優,吉沢明歩。

本作では,極道の妻に扮していますが,素晴らしい演技ぶりです。

小さな丸く可愛らしいお顔で強烈な目力。

ドスがきいた言葉使い。

脱げば,色白の肌ながら,背中に彫られた刺青が美しく,エッチ無しでもチ○ポが勃起してしまった。

いい体しています。

そして,抜群のフェラテクを見せたり,イラマに耐える口性器,オナニー,3Pなど,ドラマの中にもエッチのシーンは,キッチリある。

まあ,設定は,「極道の妻」だけど,やはり吉沢明歩は,チ○ポ好きのエロ女。

喘ぐ姿は,極妻の凄みは無く,ただの性欲旺盛な女。

個人的には,どんなに犯●れても,プライド高く,男になんか屈しない演技が見たかった。

でも,吉沢明歩の本性は,無類のエッチ好きだから,感じるオ○ンコを我慢するなんて出来ないか。

期待度マックスでした

女優の目力が非常にハマっている。

関西弁も効果的に使われている。

制作側の並々ならぬ気合いが伝わってくる。

和服も似合ってるため「こんな美しい組長」が凌●されるのか!と本番前から興奮した。

しかしながらこの作品は女組長モノのファンの私から見れば決定的なミスをしている。

「性に奔放な女組長」ではダメなのだ。

組長は元来厳格でなければならない。

組織の長であり日本の美しさを体現する組長はあくまで古風な女でなければならない!前半の凌●ははまだいいとしても後半の痴女の展開は興ざめた・・・強く美しい女組長が凌●に負ける展開ではなく主体的に色仕掛けでは萎えてしまう。

序盤のセックスシーンも不要ではないだろうか。

谷ナオミの作品を見て女組長の「気高さ」を学習してやり直してほしい。

作品自体はそこらのVシネよりよくできていると思います、それだけに惜しい。

早送り無しで楽しめた !!

花岡、小沢のベテラン男優を吉沢に配しての堂々としたAV作品である。

 吉沢ではなく風間ゆみ、翔田千里であればもっと内容の濃い作品になったかも知れない。

 見どころは1:50からの3分間で、吉沢が乾分の花岡を誘惑して指マン、クンニを許す辺りから30分間に亘る絡みだろう。

 お互いに秘術を尽くしての絡みなので見応えがある。

 カメラも良く追っている。

 30分頃からの自慰は下着の上からだけで終わってしまうので物足りない。

 チンピラ達の前でストリップをやらせる等の羞恥場面があった方が良かったのではないか。

ドラマとしてもよくできた作品

AVにしてはドラマとしてしっかりできている。

アッキーも関西弁はお世辞にもうまいとは言えないが熱演している。

極妻としてのしぐさや目つきなどさすが演技派女優である。

刺青や和服姿も似合っており何をやらしてもこなしてしまう女優さんだ。

アッキーこと吉沢明歩さんは。

ただ、製作側への注文だが画質の面で不満な点があった。

ピントが少し甘い場面がけっこうあった。

AVといえど作品作りには画質もこだわってほしい。

自分から抱かれに行くのはちょっと・・・。

暴力団組長の妻・明歩は今まで友好関係にあった組に金を借りに行くが騙されて犯●れてしまう。

さらに味方にも裏切られ、両腕を吊るされて電マ、バイブで責められる。

ここまではよかったが、その後、裏切った花岡のところに自分から抱かれに行くという展開は今一つ。

実際は花岡を油断させるために色仕掛けを使ったのだが、やはり、正面から殴り込みをかけ、返り討ちに遭って犯●れるという展開の方が興奮したと思う。

ドラマとしてはまとまっているし、明歩も色っぽいが、興奮度としては普通だ。

極道の妻として、女として仁義を通す明歩

刑務所から組長である旦那の帰りを待つ明歩。

前半の見どころは、森山組に乗り込んで犯られるシーン。

上の口マンコはチンピラのチンポを咥え、下のマンコは着物の裾を捲くられてバックからチンポを突っ込まれる。

裾を捲り上げられる瞬間に抵抗する明歩だが着物の裏地が眩しく、明歩の涙ながらのプレイに「チ○ポビンコ勃ち!」後半の見どころは、やはり花岡じったとの一戦。

背面騎上位で、じったに「もっと腰を振れ」と言われ、「こうか~?」と言い、激しく腰を振るが明歩のこの一言がツボにはまり「チ○ポビンコ勃ち!」欲を言えば、続けて「これが、ええんか?」「うちのオマンコの味はど~や~?」「悔しいけど、うちの人よりあんたのチンポの方がええわ~」とかもう少し気の利いた台詞が欲しかった。

明歩の変な関西弁のイントネーションは、恵比寿マスカッツを彷彿した。

次回も期待。

似合う

ストーリー仕立て。

自分はストーリーものは好きなのでグー。

姐さん役が超似合うし、和服姿もいい。

演技も上手い。

色気も最高。

ただ、吊るされ責めるシーンがイマイチかな。

秘密の3を期待してます。

刺青&着物姿も艶やかで凌●シーンも中々濃厚で→良い

吉沢さんが今回は「極道の妻」を好演し着物姿&背中の刺青も艶やかでストーリーは夫(小沢とおる)が獄中で死去.代貸の花岡じったの裏切りにあい凌●サレ→復讐の筋で見所は組員達に犯サレ捲る所内容?6分過ぎ~吉沢がベッドで「どす」片手にオナニーし小沢との情事を回想します。フェラや顔面騎乗位もアリfuckも濃厚で背中の刺青をカメラが映し○?組事務所で森林と高島に着物姿でイラマ→体位も多めに犯●れ→顔射2連発..いい?手枷で吊るサレマ○コ玩具責メ?花岡と濃厚fuckし→顔射で復讐と吉沢サンの演技は良くて男優の演技は犯し以外はゃゃ淡泊な感じがしました。

素晴らしい

明歩さんの魅力が100%発揮されている。

最高のビデオでした。

ジッタとのキスシーンは小沢さんとのキスより良かった。

一見の価値はある作品

150分は少し間延びするが、じったと明歩の和室での和服の絡みは一見の価値があると思います。

流石、この道のベテラン同志で二人のデビューしたての頃が懐かしく思います。

着物と刺青。

吉沢明歩の着物姿に刺青だけでも勃起もんでしょう!。

欲を言えば刺青がチンケで迫力不足。

やはりリアルに龍や虎や牡丹などを入れて欲しかった。

刺青女をバックから責めるのは最高です。

「極道の妻 吉沢明歩」の本編動画はこちらから