【佐々木あき】緊縛凜辱でいきやすい体がともどもなく – 鬼縛 “きばく”6 佐々木あき

鬼縛 “きばく”6 佐々木あき

『佐々木あき』のドMな本性を呼び覚ます…。

不自由を強いる拘束、媚薬による異常なまでの発情、快楽に溺れる姿を待ち望む観衆たち…淫猥な女を快楽地獄に貶める興行が始まっていく。

体内に注ぎ込まれた媚薬は女の精神を乱す。

壊れかけた体に追い討ちをかけるように全身を縛り上げられ、艶やかな肢体に玩具の刺激が駆け巡る。

発情させられた体は苦痛以上の快感に包み込まれ、だらしなく愛液を垂れ流しながら絶頂を繰り返していく。

苛烈な行為が与えられる度に女は悦に入った顔を見せ、非日常の快楽に溺れていく…。

「鬼縛 “きばく”6 佐々木あき」の本編動画はこちらから

女優名: 佐々木あき

緊縛凜辱でいきやすい体がともどもなく

鬼縛というタイトルでしたので、拘束感の高い緊縛シーンがあると思い購入してみました。

女優は、非常にいきやすく、はじめはクリトリスでなんどもいかされ、次第に電マや、アナル、ドリルによる責めにより、エクスタシーの連続となります。

イクときの体の反応がはっきりしているので、メリハリがあります。

終盤の男女のからみは、なんとなく惰性になります。

鬼縛というタイトルに比較して、拘束力は低く、ボディーの菱縄縛りは効いていますが、手と足が自由となっているシーンが多く、縛りを好きな人には物足りなく感じるかもしれません。

「鬼縛 “きばく”6 佐々木あき」の本編動画はこちらから