【七海ひさ代】容姿は問題無し・・・・ – お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 七海ひさ代

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 七海ひさ代

家族旅行に同行した旦那は旅行中に見る義母・七海ひさ代の熟れた肢体に目を奪われる。

義父が亡くなって再婚をしないままの義母。

旅行中、一緒に過ごしていくうちに、徐々に旦那は義母の熟した身体に悶々とし始める。

そして、女房が出かけ、義母と二人っきりになった瞬間から、旦那と義母とが、ついに一つになった…。

「お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 七海ひさ代」の本編動画はこちらから

女優名: 七海ひさ代

三島作品の最高潮に迫るレベル VS 女優の情感を存分に官能化している

監督三島六三郎の熟女メーカーに限らぬ幅広い活躍と、ユーザーからの支持や人気度はリリース作や本数を見れば大人気監督といっても過言ではないと思っていた。

タカラシリーズ作品ではあるが、登場人物たちの愛情を感じた。

あまりAVのレビューに適さない言葉だとは思いつつ。

登場人物はメイン3人。

母が実娘に向ける愛情母性。

娘が実母に注ぐ優しい愛情ある視線。

娘婿が義母へ次第に募らせていく禁じられた許されない愛。

3人の描写がセリフや動きや仕草やわずかな視線と目の表情までを追いかけた結果、寝取り寝取られの枠を超えたのでは?あまりに非情なラストシーンは、義母七海は自然と涙したのか?三島演出で泣きの演技を求められた演出の一部と見るか?この2人のコラボレーションなら、官能エロ絵巻はこうして実証されているように、エロを追求する基本が2人で共通してブレない限り、如何なるエロものでも、また傑作を生み出してくれるものと思う。

和装美熟女最上級

やっぱり何なんですか?すごすぎませんか?綺麗すぎませんかねー?エロすぎませんか?ヤバくないですか?あんまりもう何にも出てこない

美しい義母が淫乱

今回の義母はいつものシリーズよりやや若め?豊満熟女もいいけれど、溜池メーカーに出るような若い人妻系の美熟女でもエロい!淫乱化するとオナニーシーンやフェラシーンは最高だった義息子とのエロシーンでは美ボディーを満喫!射精後、何かに引っ張られるように胸と顎から自分の口に移動なかなか見ることのない名シーンだった噂通りの女優さんだった120分では足りない気がしたそれくらいもっと見ていたくなる四十路美熟女

湧き上がる性欲を抑えきれない切なさと、娘を裏切る罪悪感と

娘夫婦と温泉旅行に来た母親(七海ひさ代)。

脱衣所で自分のショーツを嗅いで手淫する婿(タッキー池田)と出くわし、下着を取り返す。

だが、躰は火照り、「私でよかったら、してあげようか」。

怯む婿に弱気になるが、勃起に触らされ、フェラ抜き。

覗いた客室係(横山大輔)に、ホットパンツを穿かされ、風呂掃除を強要される。

浴槽で乳吸い、クンニ、指マンされ、イラマ。

立ちバックで犯●れ、片脚立位、立ちバック。

洗い場で騎乗位、後背位、正常位で顔射。

寝静まった娘の傍らで、婿に夜●いされる。

乳吸い、クンニされ、即尺。

はめようとするが、目覚めた娘に慌てて寝たふり。

火照りが鎮まらず、廊下で乳揉み、マンズリ。

翌朝、娘が土産を買いに出た隙に、婿に抱かれる。

乳吸い、クンニ、指マンされ、即尺。

立膝騎乗位、前座位、後背位、後側位、正常位で胸射、お掃除フェラ。

戻ってきて愕然とする娘。

泣きながら婿にキスされるラストがいい。

これぞ!和装美人!これぞ理想の女性像!

官能的・情感溢れる最高傑作でした。

絶頂イキ果てて、はぁーはぁーと息の音と、顔UPがドラマジャンルですら定番。

そのお約束を裏切るかのように、顔に精子のまま和室畳上を転がり和室全部をキングサイズベッド以上の勢いで存分に端から端までを使いきる。

夫不在の母役シリーズドラマばかりですが、よくぞここまで作風やメーカーの売りポイントを自分の演出に取り込み、きちんとシリーズ定番のエンディングに持っていくか・・・ひさ代さんの作品はエロはもちろんで、そこからひさ代さんならではの独特な味が出る。

母親役が多いが、どれもみんな違う表情と声で、別人のように見える。

衣装やメイクの問題ではなく。

傑作です。

絡みをもう少し抑えた方が自然

商店街の福引で景品が当たった母は娘夫婦と温泉旅行に行く。

母は湯船の中で娘に孫の顔が見たいというが、娘は夫婦生活が苦手で求められても断わってしまうと告白する。

義母がマッサージを受ける姿に欲情した夫は、盗んだ義母のパンティでオナニーするが、義母に見られてしまう。

この辺はわざとらしいが、娘と性交渉のない夫を哀れむ義母は優しく口で抜いてあげる。

これが心がこもっていて、とても良い。

それを旅館の番頭が盗み見して、脅して義母と関係を結ぶのだが、必要だったんだろうか。

シリーズでは必ず娘婿以外の男性を登場させて義母とセックスさせるが、今回は蛇足に思える。

義母役の七海ひさ代は、演技が上手で、絡みも自分の世界があるようだが、叫び声があまりに大きくて耳につき、もう少し抑えた方がよかっただろう。

七海ひさ代さん

時間の長さいろいろですが、深いドラマもの、こうなると、とんでないものを見せてくれてしまったり美しい顔だけでもいいです情感豊か、と書かれている方がいますが、熟女さんらしいですね。

情感豊かな溢れる妖艶さが魅力の美熟女さんだと思っています!これは見逃さないほうがいい!!!

これはスゴイ!

華奢な体を震わせたり、小刻みに小さな動きまでも、女性の美学を感じる作品でした。

畳上のシーンなどは最高です。

三人並んで寝取りシーンも見応えがありましたが、そのまま自慰に耽る母。

廊下を這いずり回るかのような低姿勢での仕草がまた最高。

泣きながらの正常位、バッグにも官能美があり。

楽しませてくれて驚きのある女優さんで大ファンです。

とても素晴らしい女優さんです。

超本格四十路美熟女七海ひさ代官能エロ絵巻

タカラ映像ファン、七海ひさ代ファンとしてはこのコラボが是非見たかった!絶対に似合う!と思っていた和服のジャケット画も最高!義母に欲情してくる婿~~シリーズ定番ホットパンツ(熟らしからぬ思わず微笑ましく見えてしまったポーテールもヤケに可愛くて)羞恥プレイ~~廊下のオナニーシーン、旅館の一室で寝る川の字シーン娘婿との一幕は過去にも珍しい緊迫感と臨場感があり、パケ画像にもあるように、この難しいお題を情感こめて艶じて魅せて艶技を賞賛されていながら、嘘っぽさと思わせない本気度が全身から発される稀少な演技力で余すことなく頭の上から足の先まで義母でありながら女であることを体現。

なんともいえないエロスが匂ってきそうな秀作。

これは一見の価値あり。

他の「エロ絵巻シリーズ」や「きれいな叔母さん」なども良いだろうし、四十路美熟女エロ七海ひさ代の第2弾にまた期待してしまう!

見事な美貌、抜群のスタイル、くびれ、美巨尻

タイトルにも書きましたが、七海ひさ代さんの魅力はここに尽きますね。

スレンダーボディーに見事な美艶巨尻。

バスト、くびれ、美尻バランスの良い綺麗さと、女性らしい程よい肉付き。

無駄な贅肉はない洗練された抜群のプロポーション。

美しい顔。

やっぱり話し方や何気ないところで見えるさりげない表情にも感じる色気。

ちょっとそこらへんにはいないであろうスゴイ演技力。

気に入った!!!

名作

この女優さんの声は独特。

高いトーンや悲鳴に似た喘ぎ声。

低音のうなり声。

ただ、絶頂シーンでは無言、放送事故?かと思う・・・どの声色も響き、通る美声なので、台詞声とエロ声にこれだけ変化があるとある意味リアルセックスでの熟れた女性そのもの。

作品によってトーンに変化があるのは、そこはこの女優さんの感度と女優としてのクオリティの高さだと思うのだが。

少し鼻から抜けたような甘いボイスは男としては十分惹かれますね。

名作ですね。

官能ポルノを観ているようでした。

がっかりした人もいるだろうけれど、長いシリーズなので、たまにはこのタイプも良いではないか。

同じものを例え求めたところで他の女優さんに同じ演技演出カラミが実現できたとはとても思えない。

三島六三郎監督はそのあたりのことはとっくにお見通しのことと思うのだが。

次回はエロエロで挑発するような七海ひさ代ワールド全開の企画を期待したい。

評判通り。

気になっていた熟女女優さんを初めて見た。

やはり評判通りの、色気というか、エロさというか。

無言時の顔つきや仕草に色気が溢れている。

絡みも言うことなし。

これは他の作品も見てみたい。

文句無し。

喘ぎ声はオーバーアクション気味ではあるが、揺れ動く一瞬一瞬の気持ちまで演じ切っている。

アドリブでは無いかとさえ思える。

もはや素?当作品のレビューは他のレビュアーの方が詳しく書かれているので敢えて書くこともない。

彼女の女優としての評価は文句無し。

当作品も。

他のレーベル作品も評価が高いものが多いが、ジャケット写真がイケていないものが多い。

損していると思うのだが。

いまいち

三島作品、及びこのシリーズにしては少々ガッカリです。

それにこの女優さん、顔スタイルは文句ないんですが、演技がオーバー過ぎる。

よって、評価は普通以下!

若い娘よりずっといい!

ひさ代さん 最高です。

今まで 巨乳一筋でしたが 熟女 美乳も価値ありということを改めて再認識させられる女優さんです。

パッケージも○中身も◎ 超官能的エロ

夏にかけて七海ひさ代さんの新作が続くので嬉しい。

パッケージがまず印象的で、期待値が高かったが、よくぞ魅せてくれました!初期作の頃から七海ひさ代美尻には注目していたので、最高のパッケージだった。

内容的にもシリーズタイトルの通り本格官能エロ絵巻。

この人の官能エロは本物ではないかと思った。

年齢を重ねたからこその女性美が見事だった。

最近の四十路美熟女の中でも群を抜いて圧倒的ではないか?

あんよが可愛い

脚フェチでなくても、ひさ代さんのちっちゃな脚に、勃起してしまうのではないか!ただ、ア@ルまでモザイクがデカい。

肌が綺麗なひさ代さんの、ア@ルをじっくり見たかったのに、残念!

逞しく儚げな義母

和装、黒髪ロング、うなじ、いつもですが、芝居が上手くて驚きます。

同時期に出た溜池、センタービレッジ、と続けて見ましたが、母親顔がどれも違うので、流石です!!!オナニーシーンが特に良かったです!

美尻

身体のラインがいい熟女女優さん。

あの尻を見せた表パケのの画像は綺麗で気に入っているのだが、最後の自分の娘が見ているシーンを多くして欲しかった。

わりと美人

顔は50歳、体は30歳という感じの女優さん。

老けているわりには体は若々しい。

シナリオは面白いドラマだが、作り手の努力不足か、ドラマとしての出来は今ひとつ。

ただ女優さんの表情などは背徳な感じが伝わってきた。

この女優さん、興奮してくると「ひゃ~~ひぃぃ~~~~」と、まるで妖怪の叫び声のような感じ方になりました。

オンリーワン

元々好みの顔ではなく、サンプルにもひかれなかったんですが、高評価を頼みに視聴。

ドラマの質は低く、はじめの30分は途中で放棄しようかと悩むほどだったのですが…。

なるほど。

この女優さんのカラミ演技、ほかにはないオンリーワンの個性がありますね。

監督次第で、もっと魅力が引き出されそうな。

他の作品もみてみたくなりました。

容姿は問題無し・・・・

あえぎ声が・・・  残念ながら、もったいない女優さん。

折原純子♪や、桐島秋子♪ 美山蘭子♪くらいの色っぽいボイスが、ほしいかな・・・・・

「お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 七海ひさ代」の本編動画はこちらから