【一色桃子】センスがいいね – 私だけの野獣 一色桃子

私だけの野獣 一色桃子

ワンマン社長の下で働く吉田は、理不尽にこき使われる日々に耐えきれず、あろうことか密かに憧れてた社長夫人の桃子を怒りの捌け口に●すのだった。

誠実な吉田の豹変に驚きながらも、彼女はがむしゃらに求めてくる吉田のガツガツした激しいピストンが頭から離れず…。

久しぶりに女を思い出した桃子は密かな優越感を覚えるのだった。

その日から股間の疼きが収まらない桃子は…。

「私だけの野獣 一色桃子」の本編動画はこちらから

女優名: 一色桃子

表情の変化がすばらしい

若い男のセックスにハマる人妻があまりにもリアルで、たぶん一色桃子は私生活もこういう感じのハマリ方するんだろなぁとおもった。

知性を感じるからこそ、余計にエロい人妻に感じる。

高飛車な女社長役で犯●れて汚されて性奴●におちていくみたいな作品に出てほしい。

熟女感UPの一色桃子

前半の一回戦目がいい感じで、画もきれいです。

残念ながらそれ以降が中途半端+ラストでメインの交わりが夕日の中の演出で、女優の美しさが半減したように感じます。

個人的かもしれませんが、夕日のオレンジ色の画はごまかされているようで好みません。

せっかく桃子の熟女感UPの作品なのに・・・残念!

虜になってしまった

美熟女、女の本能のエロさ、男を虜にする演出ではできないのではないかと思われるような桃子嬢の男を欲する性欲 腰を浮かせ、もっと○○○を舐めて、強く、強くっそして奥深く入れてっ、突き上げてっ、ダメっ、もっと優しく、でも、激しくっ、ぐっううううう。

ぐっちょり、ベタベタに濡れて、ヒカリ輝いている、○○○、茂みに顔をうずめる、これでもかっと舌を入れかき混ぜる、、ぐっちょり愛液が止めどもなく流れ、男は舌で舐め回す。

ピンと上を向いた乳首を頬張り、舌でコロコロと乳首を弄ぶ声を荒げて、悶え狂う桃子、甘えた声で、もっと、もっともっとおおおっ男性を喉の奥に入れて、舌でペロペロ、 グッぷ美味そうにもう一度、頬張り、優しく、優しく自身にキスをはやく、はやく入れてっ、もう我慢できない、 夫の耳に聞こえる覚悟で響き渡るエロい本能声、ああああああああっ、気持ちいいいいいいい野獣を自分のものにした桃子嬢、狂った様に、悶え、頬声、悶え苦しむ、エロい甘い、欲しがる声、、○○○に頂戴、思い切り、入れてっ突き上げてっ、ぐちょぐちょに昇天させて、あなたは私のもの。

もう離さないっ、毎日し・た・いッ。

桃子さんのエロさ最高!

一色桃子ファンの方々にはお叱りを受けるかも知れないが、桃子さんは特別に超美人ではないしモデル並みのプロポーションの持ち主という訳でもないと思う。

しかしそのセックスシーンのエロさは抜群で他の女優の比ではない。

喘ぎ悶える表情、仕草、声は艶かしく本当に魅力的だ。

夫から女として見られていなくたぶん浮気をされている事を薄々感じている。

だが自分では欲求不満だと気付いてはいない人妻。

そんな普通の人妻が夫の部下で若いだけで不細工な男に犯●れ、その野獣のように激しいセックスに溺れ身も心も堕ちていく。

最初に犯●れた時はまだ抵抗するが、2度目に求められた時は軽く拒否はするが、途中からは「もっと強く舐めて」「もっと激しく」とか口走りながら積極的になっていく。

その変貌が凄い。

そしてその夜逆に男を自宅に呼び出し、夫婦の寝室の前で「「昼間、私だけ気持ち良くなっちゃったでしょ?だから・・・」と言いながら男にフェラをする。

そのかぶり付くようなフェラが嫌らしいほど卑猥。

完全に身も心も求めあうようになった二人の絡み合いは壮絶なまでの愛欲シーン。

まさに野獣同志のセックス。

濃厚なエロス。

「私だけの野獣でいてね・・・。」桃子さんの言葉。

絶対いる、断る訳ない。

桃子さんの艶かしい女体が堪能出来る作品。

絶対お薦めだ。

野獣は、むしろ桃子さんになっている。

美しい社長夫人、夫は、桃子さんを女として見ていない設定部下は当然夫人の虜、そして野獣の様に貪り食らいつく、野獣のピストンの動き凄すぎ、夫人は、変態と罵りながらも受け入れる。

そして快感を覚え3回目には、桃子さん身だから野獣の様に男性器に食らいつくシーンは興奮します。

こんなにピストンしまくられ長い時間、そしてまた、再びピストン、こんなにもまさに野獣でした。

美熟AV女優

社長夫人に扮した美熟AV女優の一色桃子。

見た目の美貌と高貴な女の物腰しからも,ハマリ役か。

夫の部下に犯●れる設定で,拒みながらもオ○ンコ感じて喘ぎイキしまうエロ女を演じます。

顔面偏差値40の男と70以上の桃子。

でも,二人とも性器の偏差値は70以上。

野獣のチ○ポに対応する桃子の口性器とオ○ンコ。

素顔,チ○ポ好きのフェラ顔,オ○ンコ感じるアヘ顔,美ボディー,そして,全体的に演技力もあって,いいわ,桃子!!また,映像的にも,一色桃子の美体を照明などで,より美しく映し出している。

めちゃいい肉に撮れていますね。

AVは,特に,ドラマ調のAVは,映像美にも気を使わないとダメです。

一色桃子,極上です。

セレブ妻のいきいき性活

一色桃子さん、社長夫人というに相応しい磨き上げたゴージャスボディです。

下着も洗練されていてエロいです。

相手役の吉野篤志さんは演技派で、この作品でも、桃子さんをしっかりサポートしてくれました。

最初のレ●プは興奮度MAXです。

上流階級の夫人は大声で騒ぎません。

ジタバタ暴れ回ることもしません。

無理矢理唇を奪われ、形の良いおっぱいを揉まれ、下着を剥ぎ取られれクンニされると、もうなすがまま。

目を閉じ、口を小さく開けて喘ぎ続けちゃいます。

初めて夫以外の男に秘部を曝し、舐められるという屈辱と羞恥が桃子の官能に火をつけてしまったのです。

このシーンは桃子さんの圧巻の艶技に勃起度MAXです。

この後は一気に、坂道を転がり落ちるように、淫乱の虜になっちゃいました。

夫のSEXの要求は拒否し、神聖な夫婦のベッドでむさぼるように身体を絡ませる二人の姿に、堪らない裏切りと淫靡さを見てしまいます。

良かったです。

最高評価します。

今回もよかった

桃子さんの作品は基本的に外れなしの秀作ぞろいで、これらで充分満足感があるからこの作品はもういいやとも思っていたのですが、男優がお気に入りの一人吉野氏ということもあって購入。

やっぱりいいですね。

特に最後の絡みは桃子さんが乳首ピン勃ちにして吉野氏とまさに野獣の絡みを見せてくれ大いに興奮しました。

それにしても彼女は本当に細かい所作の演技がうまい。

友人役のよしいさんも芸達者でリアル感満載の有閑マダムぶりを堪能させていただきました。

あえて言えば最初のレ●プまがいの絡みは少し唐突感がありますが、基本、厚みのあるドラマで絡みの興奮を増幅させてくれました。

今回も文句なしです。

こういうのが見たかった

前作は男優の佐川氏がいまいち好みではないのでスルーし、この作品を楽しみにしていましたが、期待したとおりの内容で、大満足です。

特に1回目のセックスが秀逸。

男優による言葉責めの演技がうまく、女優もよく反応していて、興奮させられました。

センスがいいね

女優さんが品よく、洗練された感じで撮られている。

表情、しぐさ、身だしなみ、下着など、監督のセンスを感じる。

ひとによってセンスは異なるから、どの監督もおなじものを出せるものではないでしょうね。

「私だけの野獣 一色桃子」の本編動画はこちらから