【かすみ果穂】ストーリーの変化とかすみ果穂の演技は最高だが、惜しい! – ふり向けば、私ひとり かすみ果穂

ふり向けば、私ひとり かすみ果穂

住宅街で迷っていた男を道案内した真美子。

ひと目惚れだった。

その薬指に光る指輪が彼女には家庭があると告げていたが、もう夢中だった。

抵抗虚しくレ●プされた真美子を残して去っていく夫、そして残された真美子は…。

「ふり向けば、私ひとり かすみ果穂」の本編動画はこちらから

女優名: かすみ果穂

>いい加減うんざりな焼き直し作品

ま、プラス評価するとしたら「様式美にまで高められたワン・パターン」ということでしょうか。

最早、このパターンはアタッカーズの秘伝のタレ、です。

 (^_^.)同じ味の商品を提供し続けるのが、老舗の勤め。

でもまあ味付けも、新規開拓しなくては。

直近に西野翔の作品を見たけど―彼女は04年9月にデビューして、もう10年で今年で29歳。

かすみ果穂は2005年2月にデビューして、9年半で、今年、30歳。

果穂は翔ほど、肉体的劣化が感じられないけど―今のような感じで今後も、コミカル系やヤラレ系をやっていくのかな。

SMに走れ、とはいわないけど、analぐらい解禁してほしいもの。

2点オマケの「5」です。

いい加減うんざりな焼き直し作品

監修なぎら健造というところで嫌な予感がしたが案の定、「あなた、許して」系の焼き直し。

ドラマ部分こそそれなりに変えてきてはいるものの、カラミに関しては今までと同じパターン。

女優が半裸で男優が全裸という、男の肌のほうを多く見せたがるコス感覚も相変わらずで全く変わり映えがしない。

女優の演技はさすがだし初めてこの系統を見るならいいかもしれないが、正直あくびすら出ないほど見飽きてしまった作風でうんざり。

バッサリ星1つにしたいところだが女優に申し訳ないので1つオマケ。

ストーリーの変化とかすみ果穂の演技は最高だが、惜しい!

かすみ果穂はやはり最高、今回夫役も含めて演技が良くストーリー性が格段と向上。

なかなか興奮しました。

しかし、あれだけ「好きだ好きだ」と言うのなら、前半の2回のレ●プ絡みを短縮して、後半、やっぱり妻がいた…で終わらず、自分は離婚して来たから一緒になって欲しい…的な流れで、隣の奥さんには兄だと言ってしまった手前、引っ越しをした設定で、最後は新しいパートナーとして熱く絡んで終わって欲しかったなぁ。

ストーリー好きとしては…

「ふり向けば、私ひとり かすみ果穂」の本編動画はこちらから