【あやみ旬果】あやみさんはいいですが – ヲタサーの姫。06あやみ旬果

ヲタサーの姫。06あやみ旬果

プレステージ専属女優『あやみ 旬果』がアニメ研究会に入部!女性と接する機会がほとんどないヲタクたちは優しく微笑みかけながら男心くすぐるボディタッチを連発する姫の虜!ヲタクたちを‘養分’とみなしている姫の誕生日間近、ここぞとばかりに姫のおねだりが炸裂!ヲタクたちにカラダを差し出して高価なプレゼントを貢がせ、その全てを質に入れて彼氏に渡していた…。

その事実はヲタクたちの知るところとなり、姫に大金をつぎ込んでいた彼らの怒りが爆発!歪んだ欲望を姫へとぶつける報復が始まっていく…。

【電子書籍】写真集『ヲタサーの姫。

06』はこちら!

「ヲタサーの姫。06あやみ旬果」の本編動画はこちらから

女優名: あやみ旬果

AV界のアイドルプリンセス

プレステージ専属のDカップ女優「あやみ旬果」がおたくサークルのマドンナ(いわゆる『ヲタサーの姫』)に扮した一本。

ヒロインの巨乳美少女「旬果(通称『ヒメ』)」は、大学のアニメ研究会に所属する文化系女子。

メガネにバンダナ姿のステレオタイプな冴えないおたく部員達にとっては、まさに「高嶺の花」といった存在である。

アイドル顔負けのルックスとDカップの巨乳、そして、「パイズリ」「フ〇ラチオ」といった色仕掛けでサークル内のすべての男子をコントロールする絶対的な支配者。

もっとも、その彼女をさらに支配するのがチャラついたバンドマンの彼氏「シンゴ」。

ヲタサーの姫も惚れた恋人の前では、「いつでもハメれる便利な穴」程度の扱いである。

後半は、幻想が破れた姫様に、「元下僕」のおたく部員達が集団で襲いかかるハードな展開。

ルックス・ボディー共に全盛期といえる看板女優は、まさに「プリンセス」という称号が相応しい圧倒的なアイドルオーラを見せつけている。

アニメな身体

あやみちゃんの身体がアニメから出てきたような身体だからこそ、よりフィットする作品だと思いました。

形の良い唇

次々と目が回るほど強●キスされるシーンが最高でしたね唇も舌もがっつり絡みついてますし、その間も揉まれてたり触られたりしててエロかったです。

あやみ旬果さんの柔らかそうな唇もたまりません!

やっと出てきました

シリーズものは、あやみ旬果が前半に出るケースが多いですが今回シリーズ6作品目でやっと出てきました。

やっぱ素晴らしいですね!おねだり甘えながらの誘惑なんか溜まりません。

相変わらずのスタイル抜群さも健在で、あの体のラインは素敵です。

Hシーンは、文句なし、本命彼氏とのノーマルHはもちろんヲタたちに犯られるHシーンも、魅せ方がやっぱ違います。

金髪アニメコスプレは、ちょっと酷かったが・・・・

惜しい…

最後の、複数の男に犯●れるシーンが一番よかったと思う。

特に手足押さえつけられてマンコ舐められるシーン、女優の嫌がり方、嫌がりながら感じていく演技がものすごくよかった。

また、嫌がって女優が何度も両足を閉じようとしたとき、ただ力ずくで広げ続けるのではなく、少し閉じさせてまた広げるという演出で、無理矢理犯●れてる感がものすごく出ててよかった。

ただ、マンコ舐められてるときに服にオッパイ隠れすぎ。

オッパイは完全に見えるようにしないとエロさが半減するから絶対ダメ。

あとマンコ舐めの後半、女優の手を遊ばせたのがよくなかった。

確かに舐められ続けて抵抗は弱くなってきたし、それを見せるために手を遊ばせたのかもしれないけど、それでも手と足両方押さえつけないと和姦に見えるからダメ。

上記2つがなければ文句なしの星5つだった。

でもマンコ舐めの前半はものすごくよかったから実質4.6ぐらい。

やっぱりこのシリーズはエロい。

次回作にも期待します。

タカショーも手本にしてほしい女優魂

今回、改めて実感したのは、あやみ嬢の身体のメンテが素晴らしいということギャル女優として、デビューして今年で、5年目か?今の容姿は、きれいなおねーさん系の女優として成長している。

なぜにレビュータイトルのグラドル出身の「高橋しょう子嬢」を上げたのかというと、彼女の禁欲物と鑑賞が重なったためである。

話は、アニメや漫画のサークルで姫として扱われる彼女が、実はミュージシャンの男に貢ために、おたくたちに貢がせているという、実際にAV女優にありそうな話なので、リアルだ。

それにあやみ嬢自身もオタク趣味がある人なので、にやりとしてしまう設定なのである。

内容は、最初の絡みに入るまでの尺が長いのがマイナスであるが、最初の絡みである貢いでいる男との絡みは至って普通なのだが、男に貢いでいることがばれてからの、オタクたちの怒りであやみ嬢が性奴●に堕ちていく絡みは、ここ最近の作品で最も凄まじいのではないか。

二回目は、オタクの同好会?の部長が逆襲に転じて、あやみ嬢を徹底てきにやりまくるのだ。

これもすごいのだが、ラストの複数プレイでの、激突きは凄まじい。

PS自体は絡みがハードであるが、これはイカセ物ではないので、女優も心の準備が出来ていなかったのでないか。

本気度が高い絡みをする彼女であるが、許しを懇願する様は、本音とも取れるそれほど、男優らの突きは凄まじいのである。

あやみ嬢も辛うじて、意識が飛ばないように踏ん張ってはいるが、過呼吸気味になったり、せき込んだりして、もうこれで終わりだろうと思う絡みが延々と続くのである。

彼女自身、足腰が立たない状況に追い込まれ、バックで奥を激突きされる様は痛々しくもあるが、ラストまでやり遂げた彼女はやはり。

PSの絶対エースだなと確信した。

今回、有名どころの男優(といってもそこまで詳しくもないが)を使わずおそらくは、企画物中心での現場が多いと思われる彼らの仕事ぶりは称賛に値する。

有名男優だと女優に気をつかってヌルイ絡みもあるが、彼らには妥協はない出来ればタカショーもこういう男優らと絡んで、女優として成長してほしいものである。

とにかく、やり遂げたあやみ旬果にスタンディングオベーションを送りたい

「やめて」を巡る冒険の果てに

AVでは、”無理犯り”は表現し難いものである。

そもそもAV事体がフィクションであり犯している方の動き方からフィクションを壊さないような気づかいを感じてしまうと、見る側はホンモノではないと醒めてしまう。

また、AVは売って利益を上げなければならない商品であることから犯している方が気持ちいいだけのひとりよがり映像であってはならない。

フィクションと汎用性を考えるとどうしても製作者はフィクションに重きをおいて”無理犯り”ものを作らなくてならなくなる。

しかし、ドラマチックに構成しても演技力や演出面の脆弱さから不出来なものが多い。

どうにかしてリアリティのある「やめて」を撮影現場で響かせなければならなかった。

そこで、AVは”無理犯り”を強●ではなく”強●イカせ”に意味を転換していく。

嫌いな奴に突かれても「やめて」と言うが、嫌いではない奴に突かれ続け何度もイクのがいやで「やめて」と女優は言う。

そこで聴くことができる「やめて」は”無理犯り”と同じものであった。

”強●イカせ”の方が男優に剛の者を用意すればよく、演技や演出面に気を配る必要もなく、女優から「やめて」という台詞と強●されたかのような事後の女体の倦怠感を撮影することができてしまった。

こうして”無理犯り”もののジャンルは衰退していったと思う。

『ヲタサーの姫。

06あやみ旬果』では、もちろん”強●イカせ”ものなのだが、”無理犯り”を表現しようとする製作者側の苦心が読み取れる。

まず、女優をいきなり”無理犯り”するのではなく、相手の好意を利用した悪い奴であるという設定にしたこと。

こうすることで懲らしめる要素が加わり罪悪感の軽減が図られる。

そして、女優が好ましくない相手の絡みをマッチアップすることで、嫌悪感を浮かべつつ性交する表情を演出することができる。

また、女優がイクまで終わらせないという男の執念が女の心にトラウマを植え付けたいという強●本来の目的を達成させているのではないか。

この作品も、もちろんフィクションである。

だが、『ヲタサーの姫。

06あやみ旬果』はAV製作者が追い求めた「やめて」を巡ってたどり着いた場所であろう。

あやみさんはいいですが

作品的な後味はあんまり。

女の子にしろヲタの面々にしろ、ロクなもんじゃないとしか見えませんでした。

「ヲタサーの姫。06あやみ旬果」の本編動画はこちらから